気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふたたび・・・
2009年02月28日 (土) | 編集 |
CIMG1166.jpgCIMG1165.jpg

セナ・・・・ではないです。
子猫、保護しちゃいました。
セナを保護したところと同じ場所で。
今日病院に連れて行く予定です。
詳しくは後ほどご報告したいと思います。




~~~追記~~~

午前中、子猫を病院に連れて行ってきました。
子猫といっても、もう5~6ヶ月くらいとのこと。
歯がちょうど生えかわる時期でした。
少し風邪の症状はあるものの、食欲もあり、きちんとトイレでウンチもおしっこも
できていました。
一通りの健康診断は問題なく、採血もおとなしくさせてくれて、先生にお褒めの
言葉をいただきました。ただ・・・・・。



血液検査の結果、白血病ウィルスに感染していました。
年齢からいって母子感染であろうとのこと。

ショックでした。


先生から「このままお家で飼われるんですよね?」と聞かれました。
最初言葉の意味が分かりませんでしたが、先住猫がいるので
危険回避のための提案だったのでしょう。
保護したけどウィルス感染していたから元に戻す・・・。
チャットやセナのことを考えたらそれがベストなのでしょう。
でもそんなこと、したくはないです。でもチャットとセナに危険な思いをさせるのも‥。

猫を保護することの大変さを改めて思い知らされました。
かわいそうの感情だけで動いてはいけないのだと。
この子を保護するのに毎日考えてはいました。
もちろん病気のことも頭にはありました。
1ヶ月前突然現れ、この厳しい寒さの中頑張って生きている姿を毎日
目にしていたので、どうしても手を差し伸べてあげたかった。
同じ状況でセナを保護し、ウイルス感染していなかったことに慢心が
あったのかもしれません。

家の中で飼うにはチャット・セナと完全隔離しなくてはならないと思います。
隔離してしまうと私も触れ合う時間が少なくなります。
ごはんの心配はないけど、ただ生きるためだけに我が家の一員になる‥。
それはこの子にとって幸せな生き方なのでしょうか?
ただこの子を外に戻せば他の猫に感染する可能性も大きくなります。

でもまるっきり手がないわけではありません。
インターフェロンという免疫注射を打つことで陰転(陽性から陰性になること)させる可能性。
効果のほどは個人差があって、結果はどうなるか分かりません。
まず注射を5日間毎日投与して様子をみるとのこと。
ここで問題なのが費用です。
この注射は1回5000円すると最初いわれました。
5日間で25000円‥この時点では躊躇してしまいました。
その後この子の体重から1回2200円で出来るといわれましたが、
チャット・セナは3種の予防接種しかしておらず、2匹に5種の予防接種
することが急務です。
その費用が2匹で12000円‥。厳しいです。

でも可能性がゼロでないのであれば試してみたい。
気持ちは治療する方向に動いています。
今日帰ってくるダンナと相談して今後を決めたいと思っています。
まぁなんと言われても、押し切るとは思いますが・・・。

こうしてお話ししたのは、私1人で考えていると答えの幅が狭まってしまい、
他の方の意見・考えから違った見方もできるかもしれないと
思ったからです。
いろんな角度からこの問題を見つめ、考え、今自分にできるベストな方法で
対処していきたいと思っています。
もしよろしければ、皆さんのご意見もお聞かせいただけたらと思います。


しかし、ヘッケルの闘病に始まりにゃんこの看護に従事し続けている私。
猫神様に猫の看護士として任命されてしまったのかしら・・・・?



未だショックを引きずっているママさんに励ましの…”ポチッ”と1クリック


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  

ランキングに参加しています。
ぽちっといただけたらうれしいです!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
セナくんにそっくりですね。
とってもかわいい猫ちゃんです。

私は猫ちゃんの保護とか未経験なので偉そうなことは言えませんが、コストの面がクリアできるのであれば、たすくママさんのお気持ちに賛成です。
陰性になれば、一緒に暮らすリスクも減るわけだし・・
効果が期待できると思うので、治療できるといいですね。

ご主人も首を縦に振ってくれますように・・
2009/02/28(土) 17:23:08 | URL | 蕗ママ #-[ 編集]
蕗ママさんへ
応援ありがとうございます!
いろいろ悪い方へ、悪い方へ考えちゃって・・・。
ダンナはあっさり賛成してくれました。
我が家も大金持ちではないので(笑)、できることに限りが
ありますが、
そして、頑張る気持ちと諦めてしまいそうな気持ちが交差して
いますが、
我が家の先住にゃんことみなさんのお家のにゃんこに癒されながら
頑張ってみたいと思います。
2009/03/02(月) 09:40:19 | URL | たすくママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/02(月) 12:49:56 | | #[ 編集]
え?子猫さんを保護??
しかもセナちゃんを保護したところと同じ場所で^_^;
そっか、猫好きさんって、こういう現場に出くわしちゃうんだよ
私達はきっとそういう運命だからね......
え????白血病ウィルス.....(/_;)なんてこと.....(/_;)
チャットちゃんとセナちゃんの事を考えると....
もちろんお金の事もとても大切な事です。
インターフェロンは高いからね....まずは5日か....
悩んじゃうよね。よーく分かります。
可能性がゼロでないのであれば試したいよね。
でも、ご家族のご意見とかもあるだろうし......
私も風太が結石で、石が詰まる度に捕獲して
何度も入院させて20万以上かかりました。
そのうち不思議な水と出会い、入院まではいかなくなり
でもあのまま、入退院を続けるのは金銭的に無理だったと思う。
ご飯も食べてくれて、きちんとトイレでウンチもおしっこも
できる子を....リリースするのはあまりにも躊躇われる。
でもね、ご家族で相談して、出来る事出来ない事を
決めてあげてくださいね。例えどんな結果だとしても
この子に出会って、病院に連れていってあげて
病気の事が分かっただけでも、この子にとっては幸せな事。
どうかご無理されないように、よく話し合って決めてあげてくださいね
2009/03/02(月) 12:59:42 | URL | 猫娘 #-[ 編集]
鍵コメさんへ
いろいろ考えてくださってありがとうございます。
とても気持ちが救われた気がします。
里子…この子を保護する段階で、それも視野にありました。
里親探しが厳しいことは分かっていましたが、やってみないとわからないし、我が家で面倒を見る覚悟のうえで、探してみようかと思いました。
病気が分かった上で、里親に出すのはなんとなくためらいが
あったのですが…治療を進めていくうえで、それも考えに
入れていこうと思います。
それと、私も完全に隔離するのは子猫にとってストレスになるとの思いから
陰転できなければ鍵コメさんのおっしゃったような対応をとりたいと思っています。
実は先住ヘッケルはエイズキャリアでしたが、分かったときは
チャットと隔離することが難しく、特に食事もトイレも分けることはしてませんでした。
チャットが強運だったのか、ヘッケルが亡くなる少し前、チャットのウィルス検査をしたところ陰性でした。
白血病のほうが感染しやすいと聞いたことがあり、エイズよりも気をつけないといけないとは思いますが、
病院の先生の話では、年齢が上がるにつれ感染しにくくなるとも言われました。
先住にワクチン接種をして、注意すべき点を実施し、免疫力をあげる食事を心がけて、さらに互いのストレスにならないよう
やっていければいいかな…と思い始めています。
(すごく大変でカンペキに出来るかどうかは”?”ですが)
鍵コメさんの考えを伺えて、ほんとに参考になりました。
ありがとうございます。
我が家のダンナは…理解があるというより、ここまでやってる
私を止めるほうが一苦労なので、諦めてるのだと思います(笑)
2009/03/02(月) 15:54:07 | URL | たすくママ #-[ 編集]
猫娘さんへ
>この子に出会って、病院に連れていってあげて
 病気の事が分かっただけでも、この子にとっては幸せな事。

その言葉、すごくありがたいです。
自分の感情で保護してしまったことに、罪悪感がありました。
でもそう言っていただけて心が少し軽くなりました。

ほんとに、皆さんのブログにおじゃまするようになって、
猫アンテナの感度がよくなっちゃったんでしょうかね~。
ネットを見てないときは、チャットの保護を最後に
外で子猫と遭遇したことはなかったです。
風太くんも結石持ちで、治療大変だったのですね。
我が家もヘッケルのときに結構お金がかかっていて、
今チャットがストルバイトで治療中で、しかも高齢なので
いろいろケアしてあげないといけない。
3匹飼う事も今の我が家ではキャパオーバーかもしれません。
でも一度捕獲してしまった以上、元に戻すのは無責任だと思うし、
(捕獲したのは会社の近くなので、状況によっては関われなく
可能性がでてくるかもしれない)
幸いダンナも同意してくれたので、私が出来る限りのことを
やってあげようと思います。
いろいろアドバイスくださってありがとうございます!
2009/03/02(月) 16:31:09 | URL | たすくママ #-[ 編集]
セナ君どうしちゃったの~?><
なんて、思っていたら、、、保護されたニャンコだったんですね。
でも、白血病ウィルスに感染しちゃってたなんて・・・
なんて言ったらいいのかわかりませんが、
猫神様にたすくママさんが選ばれちゃったのかな・・・
お金がかかってしまうのはほんとうに大変ですが、
今ここで元居た所に戻してしまう事は精神的にもっと負担になってしまうかと・・・
やれるだけやってみた上で、その先はまたその時に考えましょう。
ご主人も理解してくれたとの事ですし、後悔しないようにしてくださいね。
2009/03/02(月) 17:43:52 | URL | すず #Zk/lHUeI[ 編集]
すずさんへ
ほんとその通りですね。
確かにリリースしてしまうことは精神的な負担が大きいですよね。
この子の姿を見かけてから、風邪をひいてそうと分かってから、
毎日毎日気にかかっていました。
寒い日なんかは「どこで寝ているんだろう…大丈夫かな…」とか。
職場のすぐ近くにいたので、平日は毎日会うことが出来ていて、2度ほど捕獲しようとして失敗。
3度目でやっと保護することが出来ました。

やらない後悔はずっと引きずってしまいますよね。
もしどちらでも後悔するのであれば、やったほうが
後悔しない展開になるかもしれない。
先々を考えすぎちゃうとなにも出来なくなってしまいます。
(かといって、考えなしも困りますが)
すずさんのおっしゃるとおり、やれるだけやって、その先のことはその時考えることにします。
応援ありがとうございす♪
2009/03/03(火) 14:44:38 | URL | たすくママ #-[ 編集]
わー、たすくママさんってば、またまた保護ですか!と思ったら、
そんな大変な事に・・・。

実は先日、ブログを拝見してはいたんですが、
何と言っていいやら、どうお声をかけたらよいのか、
自分でも頭の中が整理できずゴチャゴチャで。。。
というか、今でも分かりません~(汗

エイズキャリアの子と、感染していない子を一緒に飼育というのは
ちょくちょく耳にしますが、白血病ウィルスというのは、
正直あまり詳しくなくて。

今回のたすくママさんの日記を見て、色々なページを検索したりしましたが、
一緒に飼育しても他の猫に感染することはほぼありえないと
言っている人もいるし、万が一を考えたらやめるべきだと言っている人・・・
やはり意見も様々でした。

でも、私の中で色々考えました。自分ならどうするか。

可能性があるのであれば、多額のお金はかかってしまいますが、
まずは望みをかけて出来る治療をして、陰性になる事を望むと思います。
そうなる事を信じて、猫の神様に祈りながら・・・。

そして結果がダメだったら、その時点でその後どうするかを考えるかな、と思います。

縁あって保護された子ですもんね。
たすくママさんがあとで後悔はされないよう、
ダンナさんともちゃんと相談されて、決断してくださいね。

でも、関東ではこれから雪が降ろうかという寒さの中、
たすくママさんに保護されたこの子は絶対に強運の持ち主i-189
セナくんの時のように、色々大変だったけれど
素敵な結果になることをお祈りしています☆
2009/03/03(火) 14:46:56 | URL | KEI #-[ 編集]
KEIさんへ
わぁ~いろいろ調べてくださったんですね。
ほんと、ありがとうございます。
私が逆の立場だったら、やっぱりまとまらなくて
コメント残せないかもしれません。
自分が経験していないことに意見するのは
難しいですものね。

私もいろいろ調べてみましたが、やっぱりいろんな意見があって、
最後は自分で決めないとダメみたいですよね。
うちもヘッケルがエイズキャリアでしたが、チャットと隔離せず
一緒に過ごしていました。
隔離したくても出来ない状況だったのですが、幸いなことに
チャットに感染することはありませんでした。
合流うんぬんを心配するのは今回の治療の結果がでてから。
いろいろ考えすぎちゃって、ダメですね~。
ほんととにかく目の前のことを1つずつクリアしていかないと
先は見えてこないですものね。

みなさんからいろんな意見を聞かせていただけて、だんだん
気持ちが前向きになってきました。
でもやっぱりみなさん猫好き!保護が大前提で考えて
らっしゃいますね(笑)

白血病ウィルスは抵抗力が弱くなってしまうので、ほんと
このタイミングで保護できたことはラッキーでした。
でもあの状態で1ヶ月お外にいたけど、鼻かぜとウィルス以外は健康体のこの子、
強運と体力を持ち合わせているのかもしれませんね。
たくさんたくさん考えてくださって、ほんとにどうもありがとう!
2009/03/03(火) 16:38:24 | URL | たすくママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。