気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ現実へ
2011年11月15日 (火) | 編集 |
いつもたくさんの応援ありがとうございます。
子猫、日に日に子猫らしい動きをするようになりました。


金曜日の面会で、先生から経過の説明がありました。
右前肢の骨折の手術から2週間、当初の予定では固定ボルトをはずせる
予定でしたが、まだ骨が完全につかず、先送りになりました。
あと1~2週間はかかるとのことで、ボルトがはずせたら
退院ということになりました。

我が家に迎えるにあたり、まずは排泄介助の仕方をマスターしないと
ならないので、退院1週間前から病院に練習しにいくことになりました。
家でのお世話面で、私はオムツを使うつもりでいて、先生に
オムツ使用の是非を伺いましたが、先生は難色を示されました。

CIMG4216.jpg

理由はオシリまわりに毛がある猫がオムツをつけるとかぶれるから、
とのことでした。
かといって、そのままで自由にさせれば部屋中オシッコまみれ
なり、人の負担が大きくなるので基本ケージで過ごさせることが
この子にとっても人間にとってもいい状況だとの見解でした。

私が仕事で不在のときや、就寝時はケージにいてもらうつもりなので、
1日の大半をケージで過ごすことにはなるのですが、1日の中での
少しの時間でもケージから開放してあげる時間をもちたいと
思っているので、オムツは必須です。

病院でおっしゃることも分かるのですが、
同じ障害を持つ猫さんでもオムツをして、自由に生活している子も
いるので、実際お世話されている方々にお話を聞いて、できそうなことを
取り入れ、お世話していく中で自分流を見つけていこうと思っています。
いろいろ試行錯誤はあると思いますが。

CIMG4211.jpg

それとオムツを常用することになればコスト面も重要です。
ペット用のオムツはコストが割高なので、衛生面から交換回数を
多くするとかなりの負担になります。
子供用の紙オムツやナプキンを代用されてる事例もあるので
ゆくゆくは取り入れたいと思っているのですが。
オムツ事情も要調査です。

それから子猫を迎えいれるのに、大々的な模様替えが必要です。
これは私一人ではムリなので、休みを使ってダンナと一緒に
やる予定です。
これから寒くなるので防寒対策も必要です。

退院の目安が分かって、子猫のお世話が現実となってきました。
お世話面ではまず回数をこなさないと慣れないので、ただ頑張る
のみですが、休日だけで子猫を迎え入れる準備ができるかどうかが
目下の心配事。

CIMG4213.jpg

それと排泄介助に慣れるまでの時間の確保が最大の難関です。

私は朝が本当に起きられず、平日は毎朝時間に追われ、いつも
ギリギリの時間で朝を過ごしています。
「今日寝坊して時間ないからオシッコ我慢してね」なんて
できませんし。
「慣れれば朝猫トイレを掃除する時間と変わりなくできるようになる」と
心強いコメントもいただきましたので、とにかく早く慣れるように
頑張らねば。

私の心配をよそに、当の子猫はいたって元気。

CIMG4214.jpg

この日は食後だったのか、まったりした様子で撫でると気持ちよさそうに
していました。
看護師さんが代わる代わる来て、
「お腹出して甘えてます?」とか「ご飯を手から食べてくれて、とっても
可愛いんですよ~いつも癒されてます」などと言ってくださり
すごいアイドル扱いのようです(笑)
このまま、病院のアイドル猫としてい続けてもいいんじゃないの?なんて
ちょっと思っちゃいました(笑)

ここまで病院ライフに慣れてしまうと、別の問題が・・なんてチラッと
思っていたら、月曜の面会で疑惑がさらに大きくなりました。

「私のこと、警戒してる?」

いつものようにケージの扉を開けてもらい、撫でようと手を伸ばしたら
後ずさりされてしまいました。
頭を撫でても振り払われてしまって…
指を動かしてじゃらすとかわいい猫パンチに痛くない噛み付き。
これは遊びなのか警戒なのか…
保護したときの子猫の噛みつきに比べれば全然なので、これは
遊びの一環だと信じたい。

その後は今子猫のマイブームのおもちゃに夢中になってしまったので
一抹の寂しさを感じながら帰ってきたのでした(笑)



おもちゃで遊べるくらい回復したのはとってもうれしいですよ。
でも、もう少し私に甘えてくれても、来てくれてうれしいって
示してくれても…すいません、贅沢な願望でした(笑)

子猫がくれば、しばらくは時間的余裕をもてなくなります。
あと2週間、準備を進めつつ、わずかなノンビリ時間を
過ごしたいと思っています。


~余談~
子猫受け入れについて、ダンナといろいろ話をしていて、
「あーたにもゆくゆくは排泄介助マスターしてもらわないと、
 私がいないときはあーたにやってもらわないとだからね!」
と言ったら、ダンナ、絶句のあと
「まあ、しょうがないよね」と了承してくれました。
たすきぃの爪切りも怖くてできない人が、了承したことにも
驚きですが、それをほとんど命令口調で言う私って・・・
どんだけ面の皮が厚いんだか!(笑)



今日も子猫に応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!
     
人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

退院が出来るまで回復したんですね。
よかった。嬉しい~。

排泄のこと。
今はいろいろ不安なんですね。でも、大丈夫です。
ワタシも子ども産む前にあれこれいっぱい不安で、あんなこともこんなことも、出来るかな?
なーんて、すっごく不安に思ってましたけど。
たすくママさんもお子さん産んだ時、産んだらもう、やるしかない状況で何とかなったでしょ?
だから、大丈夫ですよ。
そして、大きな力になる素敵な旦那さんもいるしね。それだけで、心強いです。

子猫さん。
お家に来て慣れれば、もう甘えん坊さんになりますよぉ。
そのジェラシー。うふふ。いいですねぇ。

えっと、おむつの事ですが。
ワタシがいつも見ているブログの方に、もしよかったら聞いてみるのもいいと思います。
最近、残念ながら他界してしまった猫さんが、ずっとおむつで過ごしていましたよ。
http://daigakuneko.blog16.fc2.com/

退院したら、慣れるまでは大変だと思います。
なにか、お手伝いできることがあれば、遠慮なく言ってくださいね。
可愛い子猫さんの写真をありがとう。
2011/11/16(水) 10:58:29 | URL | kokika #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/16(水) 13:07:03 | | #[ 編集]
一緒に暮らせばすぐにでもゴロゴロと懐いてきますよ♪
オムツだって動き回る子猫ちゃんには必要でしょう^^
不安もありますがきっと癒され楽しい事もたくさんあると思います♪
2011/11/16(水) 15:18:13 | URL | にゃんずぱぱち #-[ 編集]
そうだよね、寝る時やお留守番の時はケージで暮らしてもらうんだから
遊んでもらう時はオムツは必須だよね~!
それが子猫ちゃんのためにいいことなんだもん!
生活のパターンに合わせて工夫すればいいよ~
確かにペット用のより生理用品とかを工夫するのはいいかもね
わたしは猫様のおむつ事情には疎いので役立たずやけど
でもさ、なんでも子猫ちゃんと一緒に考えていけばいいさ~
ケセラセラなんて言い方は無責任かもしれないけど
でも考えるより当たってくだけろって私は思うんだ。
誰のためでもない、子猫ちゃんのことを考えてる
たすくママさんが考えたことが「一番」だよ~!
2011/11/16(水) 16:53:15 | URL | 猫娘 #-[ 編集]
初めまして・・

我が家にもオムツ猫の湖夏がいます。
オシッコ絞りも出来ない私でしたが・・
一時は安楽死も考えたこともありました・・
今ではおむつ姿で元気に過ごしておりますよ。
オムツは動物用ではなく人間用を使用しています。
詳しくは私のブログをご覧になって下さい。
一日も早く子猫ちゃんが元気になりますように・・・
http://yaplog.jp/ienyann/
「家にゃん外にゃん」
10月17日の日記に湖夏の事が書いてあります。

2011/11/17(木) 14:49:39 | URL | モリー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/18(金) 19:20:58 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/19(土) 17:11:37 | | #[ 編集]
~kokikaさんへ~
コメントありがとうございます♪
一応退院のメドはついたのですが、その前に私が圧迫排尿を
マスターしなくてはならず、
習得度によっては退院のびるかも!?

はい、私も出産の時はいろいろ悩んだり、あの時はネットも身近ではなかったので
育児雑誌を片っ端から読んだりしてました(笑)
今思うとあの時悩んでた時期はすごく短かったけど、当時は
ずーっと続くような気がして不安な毎日を送ってました。
きっと子猫のことも、最初はたくさん悩むだろうけど
昔と違って今は子猫を応援してくれるみなさんがいるので
心強く思っています。
おっと、一応ダンナも加えておかないと(笑)

オムツのことも気にかけてくださってありがとうございます。
リンクのブログ見させていただきました。
圧迫排尿の様子がアップされていてとても参考になりました。
心強い応援もありがとうございます。
可愛さに歯止めがかからない(笑)子猫の写真、
頑張ってアップするので楽しみにしててくださいね♪


~鍵コメ1さんへ~
みなさんに応援していただくと「頑張ろ!」って気持ちになるのですが
やっぱり一人の時にあれこれ考えて「大丈夫かな~?」って
思ったりもして、気持ちの浮き沈みがまだまだあります。
なので頑張ってブログアップして、みなさんにいっぱい応援していただこうかと。(図々しい?・笑)
オムツ猫のこと、調べてくださったのですね。ありがとうございます。
私もいろいろ検索したらそのブログがヒットしました。
まだよく見させていただいていないので、時間をつくって
見させていただこうと思っています。
こうして気をかけてくださって、たくさん力を貰ってます!
鍵コメさんもお忙しいと思いますが、引き続き応援いただけたら嬉しいです♪


~にゃんずぱぱちさんへ~
私のゴッドハンド(?)で早く子猫をゴロゴロ言わせたいですね~(笑)
子猫、すごく活発になってきて面会に行くといつもペットシーツが
ぐしゃぐしゃなんです。
なのでやっぱりオムツは必要かな~
子猫が目の前にいると不安とか忘れちゃうんですよね。
一緒の生活が始まったら、自然と頑張ろうって気持ちに
させられちゃいそうです♪



~猫娘さんへ~
初めてのことは教科書とおりにやらないと不安な性質なので
困り者ですね。
自分で自分を追い込んじゃうんです。
なので猫娘さんにそう言っていただくと肩の力を抜けて、自然と
「何とかなるかな?」って思えてきました。
そう、何事も子猫と一緒になって一つ一つ、いろんなことをクリアしていけば
いいんですよね。
ありがたいことに経験者の方からたくさん教えていただいて
あとは実践あるのみって感じです。
それと同じくらいみなさんからの応援も私には必要不可欠なんです。
なのでたくさん応援してください♪(あ~また図々しいお願い!)
私、恋愛に関しては当たって砕けろ派なんですけどね~
(玉砕の数は置いといて・笑)
猫育ても答えは1つじゃないですもんね。子猫と一緒に我が家の答えを
見つけていこうと思います。



~モリーさんへ~
はじめまして。
ご訪問くださってありがとうございます。
湖夏ちゃんの様子見させていただきました。
今は普通の猫ちゃんと変わりなく過ごされていますね。
モリーさんのお話を伺って、やっぱり不安を消すには
毎日積み重ねていくしかないのだと思いました。
>オシッコ絞りも出来ない私でしたが・・ モリーさんも
私と同じスタートラインに立っていらしたんですね。
ご相談の申し出ありがとうございます。
また悩み始めてしまったら、メールさせてくださいね。
いろいろお教えいただき、ほんとうにありがとうございました♪



~鍵コメ3さんへ~
いろいろご自身の経験をお話くださってありがとうございます。
子猫も鍵コメさんの猫ちゃんと同じく、出ない方の麻痺だと思います。
やはり膀胱が満杯になると、ちょっとずつ漏れ出ちゃうそうです。
オムツも子猫なので合うものを探すのが大変で…
この間会いにいったとき、ちょっとオシリがかぶれていたので
ケージから出す時だけオムツをつけようかとも考えています。
鍵コメさんちの子は、今はオムツつけてないのかな?

鍵コメさんの最後の言葉を聞いて、ハッとしました。
私自分の目線でしか考えてなくて、子猫の気持ちを考えて
いませんでした。
そうですよね、溜まっていたものを出すんですもの、気持ちいいですよね。
私もそんな顔見せられたら介助も違う気持ちで出来そうです。
毎日やっていくうちに、普通のお世話と変わりなく出来るように
なりますね。
鍵コメさんのコメント、いつもすごく参考にさせていただいてますよ。
ほんとにいつも見守ってくださってありがとうございます♪
2011/11/21(月) 14:06:59 | URL | たすくママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。