気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子猫拾っちゃいました~経過その2~
2011年10月27日 (木) | 編集 |
昨日の夜、子猫を迎えに病院にいきました。
が、原因が原因なだけに、容態急変もありうるので2~3日入院したほうがいい
とのことで、我が家に来るのはもう少し先になりました。

朝保護して病院に預け、そのまま出勤してしまったので子猫を迎える準備もできず
とりあえずキャリーを持って駆けつけのですが一気に気が抜けてしまいました。
費用はかかるけど、迎えたところで今は満足なこともできないので
かえって良かったです。

先に述べた検査結果のほか、血液検査等実施した検査の結果を聞きました。
心配していた内蔵の損傷はないだろうとのこと。
一番問題だった膀胱破裂も排尿が確認できたので大丈夫そうです。

血液検査もケガに由来する数値は高かったものの、他血糖値が少し高かった以外
問題ありませんでした。(子猫の糖尿病というのはほとんどないのでこちらは
経過観察になりました)
この検査結果から、生まれてから今までゴハンを食べられていたことが分かります。
エイズ・白血病ウィルスも陰性でした。

結果、不具合があるのは現時点では骨折と麻痺だけとなります。
もちろん今後新しい症状が出てくることも考えられます。

足の麻痺に付随して、排泄障害が出ています。
オシッコもウンチも自分でいきむことなく、寝たままの状態でしているのだそうです。
保護時に足の状態を見て、そのことも頭によぎったのでショックでしたが
「やっぱり」って感じでした。

また子猫がいた場所の近辺で外猫にゴハンをあげているお家があるらしく(病院情報)
もしかしたらそこの猫さんかもしれないということも分かりました。
一応そのお宅に聞いてみるつもりですが、飼っているという認識がある可能性は…
多分ないでしょうね。
保健所のほうにも該当の猫さんの捜索情報はなかったそうです。

となると、今後我が家で面倒みることになりますが、後遺症のある猫は初めてで
今は全く世話する自信がありません。
おそらく子猫はこの先ずっと、人の手を介して排泄しなくてはなりません。
同じような症例の猫を育てている人のブログを見たことがあるので
どのくらい大変なことなのか予測はついています。

なので私がそこまで出来る自信がないのです。
自信はないけどやるしかない。保護時に後遺症の可能性も考えにあったので
そこで保護してしまった以上やらなきゃなりません。
出来ないのであれば、見るに耐えなくても放っておかなくてなりません。
保護しない辛さに耐えられなかったのだから、やる責任はあると考えています。
・・・・全く覚悟はできてないんですけど(汗)


長々グチの羅列でスミマセン
「ここまで写真なしで引っ張るなんて、猫ブログにあるまじき事よ!」と
お怒りの声も聞こえてきそうなので(笑)、早速子猫をご紹介いたします!

CIMG4166.jpg

今は痛み止めの含まれた点滴をして酸素室に入っています。
痛々しいし薄汚れているけど可愛らしい子です。
病院に連れてきたとき、待っている間不安を取り除こうと撫でてあげていましたが
手を出すたびに体をビクつかせていました。
面会したときは痛みも和らいできて安心したのか、私が撫でるとニャーと口をあけ
(声が出ない)
アゴをあげてきました。
この私に対する変化に・・・・やられましたよ(笑)

CIMG4165.jpg

生後四ヶ月くらいのオンナノコです。てっきり男の子だと思ったけど・・・。

CIMG4168.jpg

これは子猫を保護した場所です。
たくさんの車が通るわけではありませんが、見通しのいい一本道なので
結構飛ばして走っています。
子猫は★印のところに頭だけあげて横たわっていました。
昨日の夕方このお家の方に子猫の心当たりを尋ねましたが分かりませんでした。
でも子猫がこの場所にいたのは私と同時刻くらいに確認されていました。
その前に出かけようと車を出した時はいなかったそうです。
なので私が保護した時は事故にあって間もない頃だと思われます。
写真の右手奥に大きい地主さんの家があって、そこで猫にゴハンをあげて
いるらしいとのこと。
仕事の帰りに聞きに行ってみようかと思います。


最後までお付き合いくださってありがとうございます。
ここでとりあえず吐き出したら、少し楽になりました。
昨日はいろんな思いが混じって、ほんとに胸が苦しかったので…

今日も子猫の面会にいってこようと思います。


※今病院に電話をいれたところ、昨日よりゴハンを食べているとのこと。ヨカッタ~



子猫に応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!
     
人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/27(木) 14:32:59 | | #[ 編集]
放ってはおけないですよね
たすくママさんのおかげで命が救われた事が
とても嬉しいです♪
怪我や後遺症の事も心配です。
何か出来ることがあれば何なりとおっしゃって下さい。
出来る限り力になりたいです^^/
2011/10/27(木) 14:46:58 | URL | にゃんずぱぱち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/27(木) 15:04:42 | | #[ 編集]
はじめましてo(^-^)o

可愛い猫ちゃんですね。
実は私も今年の2月に駐車場で横たわって鳴いている猫を保護しました。
やはり下半身が麻痺して動けませんでした。
背骨にヒビが入っていて上から圧力をかけられた可能性があると言われました。
はっきりは言われませんでしたが虐待の可能性と言う事ですよね。
そして2週間の入院を経て我が家にやってきました。
正直、私も最初は腫れモノに触るようにドキドキ神経質になってました。
が、思っていたより大丈夫ですよ!
私もフルで働いていますが、朝と帰って来てからと寝る前にオシッコを絞ってます。ウンチはお腹をグリグリ押すと出てきたり、押し出されて出ている事もあります。
ほとんどゲージで過ごしていますが、慣れて来ると泣き方で『出せ~』『かまえ~』『ウンチ出る~』とか、なんとなくわかるようになります。
見捨てる事の出来なかったたすくママさんなら大丈夫ですよ!
あとは猫ちゃんの生きる力に賭けましょう!
一緒に頑張りましょうね!

コメント慣れしていないので雑な文章でごめんなさい。
また来ます(^_^)v
2011/10/28(金) 10:48:33 | URL | shachimama #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/28(金) 13:35:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。