気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの子1年記念
2010年02月28日 (日) | 編集 |
2月27日、レオンが我が家にきて1年たちました。

CIMG1245.jpg

保護してすぐ病院に連れて行ったらFeLVキャリアであることが判明。
5日間のインターフェロン投与ののち4ヶ月後の再検査を言われたときは
検査結果がでるまでチャットたちと隔離させなくてはならず
4ヶ月がとても長く感じられましたが、
気がついたら隔離生活も1年、慣れてきたせいもあるのか
あっという間に感じられます。


レオンを初めて見たのは昨年の2月の初め。
ルナミナの不妊手術で彼女たちを慣らすため、仕事帰りにカリカリを
あげにいくのが日課になっていました。

その日もいつものようにルナに催促されながらカリカリを置いて
ふと彼女らがお店からもらっているご飯の場所を覗いてみると
片目が開いていない子猫(といっても5ヶ月くらでしたが)が
残りのご飯を一生懸命食べていました。

CIMG2356.jpg

今までみたことない仔で毛もさほど汚れていませんでしたが
顔は風邪のせいで薄汚れていました。
私と一瞬目があいましたが、よほど空腹だったのか
逃げもせず一心に残りご飯を食べていました。

レオンを見てとっさに思ったのが「この子、保護しなきゃ!」でした。
ルナミナに手術をしたあと、もしかしたら我が家で保護するかもしれない。
そうなるとこれ以上うちで面倒見るのは厳しいことは分かっていたし
その不安がなくなることはありませんでしたが
でもレオンを保護したい気持ちもなくなることはありませんでした。

時は2月、毎日寒い日が続いていました。
常にくしゃみをしていたレオン。風邪をひいているのは明らかでした。
その後私が顔をだすと必ず姿を見せ、カリカリをもらうようになりました。
食べるときは近づいてきますが、少しでも手をだすと逃げてしまう‥
毎日がその繰り返しでした。
雪が降っている日はどこで寝ているのか、寒い思いしてるんだろうと
心配でなりませんでした。

CIMG2358.jpg

そんな中でも私が行くと、レオンは元気な姿を見せてくれました。
跳ねるように走って、時にはルナミナと追いかけっこしたり‥
私は常に車にキャリーを積んで、いつでも保護できるように
していました。
何度か捕まえようとしましたが逃げられて、1ヶ月近くが経っていました。

その日はいつものようにカリカリをあげにいき、3匹の様子を見ていました。
「今日もレオンを保護するのはムリそう‥」あきらめて帰ろうとしたとき
レオンが逃げ込んだ竹やぶの中から私に訴えるように鳴きました。
その声は私に「行かないで」といっているように聞こえました。
(完全な思い込みなんですけど)

私は車のなかから保護用に用意してあったササミをとり、3匹のもとにいって
ササミを分け与えました。
レオンが食べるのに夢中になっていたそのとき、レオンの前足をしっかり掴み
そのまま持ち上げました。

CIMG2375.jpg

ビックリしたレオンは唸って私の手に噛み付きました。
「どんなことをされても、絶対この手は離さないよ」
そんな意思表示をするかのごとく、掴んだ手に力を込めました。
レオンはさほど抵抗するでもなく、キャリーに収まり我が家にやってきました。


始めの1週間は唸ってばかりだったレオン。
今では私の顔を見ればゴロゴロ喉を鳴らすほど甘えん坊になりました。
我が家にいる以上は隔離生活をしなくてはならず、レオンが
可愛くなればなるほど、その生活を送らせなくてはならないことが
可哀想に思います。

外での生活と比べれば今の生活のほうがレオンの体のためには
いいことは明白なのですが、部屋の中から私の足音を聞き分けて
鳴き続けるレオンの声を聞くと、いっそのこと合流させてしまおうか‥
そんなことを思っては、チャットたちのことを考えると
それも出来ず、今でも気持ちが行ったりきたりしています。

CIMG2392.jpg

レオンとの隔離に悩んでいたとき、猫友さんからレオンの里子を提案して
いただいたことがあります。
ハンデのある子ですから、簡単に里親が見つかるわけではないけれど
もしレオンを迎えることが出来る方が見つかれば、レオンにとって
最高に幸せなことではあります。

当時はルナミナの保護と重なり、またレオンも里子に出すには
万全の体調ではなかったので、その気持ちはありつつも
行動に移すことは出来ませんでした。
状況が落ち着いた今、レオンのことを考えると行動を起こしたい気持ちも
まだ捨てられずにいます。
でも一方で、自分の手を離れていってしまうことがどうしても寂しくて
現状維持に甘んじている自分がいます。
満足にレオンの相手をしてあげられてはいないのに‥ダメな飼い主ですね。

CIMG2393.jpg

レオンに対してはこれからも様様な気持ちを持ちつつ接していくと思います。
今は去勢したせいかレオンも落ち着いて、今の生活を受け入れてくれて
いるように見えます。
でもそのレオンの状態に甘えることなく、できるだけレオンのためになるような
行動を心がけていきたいと思っています。

保護当初白血病に関する知識が甘かったせいで、レオンを迎え入れ
チャットやセナに少なからず負担を強いてしまうことになりましたが
レオンのお世話には手がかかることも多いですが
それでもレオンが我が家に来てくれてよかったと、その思いは
日に日に増している今日この頃です。


長文乱文に最後までお付き合いくださってありがとうございました。




レオンの我が家にきた1周年記念に祝福の‥
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-出遅れちまったぜぃ(+_;)
レオンちゃんはっぴバースデェェェェ~!家族記念日おめでと!
☆彡(ノ^^)ノCongratulationsヘ(^^ヘ)☆彡
そうだったね、ルナミナちゃんの取り持ちで出会ったんだったね
絶対「行かないで」って言ってたと思うよ
僕を見放さないで......そんな風に思ったんじゃないのかな?
きっと赤い糸がつながっていたから....
彼らには糸の先の主が分かるんだろうって思ってるんだ(^^ゞ
きっとレオンちゃんの糸の先には
たすくママさんしか居なかったんだよ。
私も最初たすくママさんとお知り合いになった時は
病気のこととか全然無知で.....ビビ太がFIPになって
はじめて色々調べたりしたんだ~
多頭飼いだとほんと色々悩みも多くって
でもそれもあれもうちの子になった運命で、
運命共同体なんだって....そんな風に思ったりもしているよ。
ビビ太の病気が分かった時に除菌器を買ってね
清浄機じゃなくて菌を除菌滅菌してくれる奴
それが少しは猫部屋の環境に良いんじゃないかって....
FeLVにはどうなんだろう??ちょっと調べてみよっと!
長くなっちゃったけど、レオンちゃん家族記念日おめでとう!!
2010/03/01(月) 13:35:35 | URL | 猫娘 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/02(火) 12:11:49 | | #[ 編集]
~猫娘さんへ~
ありがとうございま~す☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
そうなんです。レオンきっと私を呼んでいたんだと思います。
多分レオンはその場に捨てられたんじゃないかと思います。
外にいる割りに毛とか汚れていなかったし。
警戒はするけれど姿は見せてくれるし。
逃げるくせに私に訴えるように鳴いたのは、私ならどうにかしてくれると
思ったのかもしれませんね。
保護当初は「もし出会わなければこんな苦労はなかったのに…」と
正直頭をよぎることもありましたが、
1年たって、お世話は相変わらずですがレオンのいない生活も考えられなくなっています。
私もより詳しく病気について調べるようになったのは
レオンがキッカケかもしれません。
私が様様な気持ちのシガラミから抜け出せれば、もっと
違うふうにできるのかもしれませんね。
除菌器~購入されたのですね!
白血病ウィルスの菌は体外に出ると感染力が弱くなる
らしいので、除菌器があれば効果大かもしれないですね。
前チラっと見た時は、結構なお値段だった気がしますが…
いろいろ教えてくださってありがとうございます!
もうレオンも立派に家族の一員です!
2010/03/02(火) 12:34:56 | URL | たすくママ #-[ 編集]
遅ればせながら、レオンくん
ウチの記念日、おめでとうございます。
きっとレオンくんは、この人はボクのこと
助けてくれるって思ったんじゃないかな
すっかり家猫さんのお顔ですもんね♪
私ね、出会いって人間同士だけじゃなくて動物もなんですが、必ず意味があると思ってるんですよ
生きることは学ぶこと。出会いはその中のひとつで
何かを学ぶためにその出会いが用意されてると
思うんです。
何を学ぶべきかは、または学べなかったかは
その人しだいなんでしょうけど。。。
なんて偉そうなことはおいといて
レオンちゃんの満ち足りた幸せそうなお顔を見たら
たすくママさんは本当に大変でしょうけど
レオンちゃんにとったら、最高の出会いに違いないですよ
これからも発症することなく元気な日々を過ごされますように
2010/03/02(火) 16:03:42 | URL | みきぽん #-[ 編集]
記事を読んでいて、胸がいっぱいになってしまいました。
なんだかいろいろな思いが頭の中をぐるぐる・・・
ああ・・・コメントも書いては消しをくりかえし
うまく言葉に出来ないのですが・・・
これだけは確かなこと!!!
レオンくんはたすくママさんの家の子になれて
本当に、本当によかったね!!!
強く、強く、そう思います。
これからも幸せな毎日をママさんと過ごすんだよ~!
2010/03/03(水) 05:45:24 | URL | sari #ccNGWMCQ[ 編集]
~鍵コメさんへ~
コメントありがとうございます。
私もレオンとの付き合いが1年たって、それでも心は前を向いたり
後ろを見たりと未だに揺らぐことがしょっちゅうです。
でもその都度みなさんの温かい応援で前を向くことができます。
病気の子と直接向き合っているのは自分自身ですが、その子を守る
力の源になっているのはみなさんの応援だと思っています。
免疫力をつけることは目に見えて効果が表れるわけではないので
始めは不安に思うこともあるかと思いますが(思いっきり経験ズミです・笑)
続けていくうちに気がついたら…ってことになると思いますので
続けられるペースでにゃんずを守っていって欲しいと思います。
分かったふうなこと書いちゃいましたが、私自身にも言い聞かせている言葉。
レオンの日々の様子がご参考になれば幸いです。
ほんと、共に頑張りましょうね♪



~みきぽんさんへ~
レオンへのお祝いの言葉ありがとうございます!<(_ _*)> アリガトォ
自分から逃げたくせに、私が帰ろうとすると「にゃぁ~」と鳴いて…。
寂しいけどまだ私には心を開けなくて、どうしていいか分からなくて
思わず鳴いてしまったんだと思います。
毎日見ていて気がつきませんでしたが、みなさんから穏やかな顔をしてると
言っていただいて、「ほんとだ~」っていまさらながら気づきました。

みきぽんさんがおっしゃった言葉がすごく心に響きました。
レオンとの出会いも必然で、私に何かを学ばせるために
レオンとの出会いがあった…。
それは他の子たちにもいえることで、確かに猫が我が家にくるたびに
いろんなことを学んでいる気がします。
レオンが私との出会いに満足してくれているのなら
すごく嬉しい。
私もレオンがうちの子になって、お世話は大変でも、それ以上に
レオンを愛しく思う自分がいます。
ほんとに、このまま発症なく日々元気に過ごして欲しいです。
みきぽんさん、ステキな言葉をありがとうございます♪



~sariさんへ~
私の気持ちに寄り添ってくださってありがとうございます。
言葉でなくてもsariさんの気持ちはすごく伝わってきて
私の心を温かくしてくれました。ほんとにありがとうございます。
みなさんにウチの子になってよかったといっていただけて
ほんとに嬉しいです。
病気のハンデがあるのでレオンに対しては母性が過剰に
働いてしまうようで、ついつい過保護な考えになってしまいます。
きっと人間だったらすっごいワガママっこなんだろうな~レオンは。
そばにいて過ごす時間は少ないけど、一緒にいるときは
うちの子になってくれた感謝の気持ちとレオンが大好き!という
気持ちを伝え続けてあげたいと思っています。
温かい言葉を、ありがとうございました♪
2010/03/03(水) 13:58:49 | URL | たすくママ #-[ 編集]
レオンくんをお迎えして、はや1年が経ったんですね~。

もしも彼がたすくママさんに出会えていなかったら・・・。

当時の状態がよくなかったことを考えると、
家に迎えられていなかったらどうなっていたことかv-12
あの当時のたすくママさんの様子は、
ブログを通じてでしか拝見していないにも関わらず
なんだか鬼気迫るものがありました。
ルナミナちゃんのことも含め、本当に無我夢中だったのですね。
本当にこの1年を振り返って、お疲れ様でした。

しかしレオンくん、本当におりこうさんで、あんな
チビッコだったのにすっかり成長してイケニャンになっちゃって♪
末っ子だし、たすくママさんも可愛くて仕方が
無いって感じですね~i-237

とはいえ里子のこと。他の子達との合流のこと。
まだまだ悩まれている部分もあるようですが、
とにかくたすくママさんがあとあと後悔されない
結論を出す事が出来れば。
それが1番大事なことだと思います。

ああ、白血病のワクチンが打てば他の子には100%感染
しないという確実なものだったら良かったのに~。
今からでも遅くないから、開発されないかなi-201
とにかくレオンくんには、ずっと発症することなく
元気な日々を過ごしていってもらいたいです。

もし、何か力になれることがありましたら
かなり頼りない私ですが(汗)遠慮なくメールでも何でもしてくださいねi-179





2010/03/04(木) 15:41:53 | URL | KEI #-[ 編集]
~KEIさんへ~
レオンを保護した当初は4ヶ月の再検査まですっごく長く
感じましたが、
ほんとあっという間に1年たっちゃいました。
レオンとの出会いもまた縁が繋がっていたんでしょうね。
あの時保護していなかったら…どうなってたのかな?
今我が家にいるのが当たり前で想像つかないです~
KEIさんにもたくさん助けていただいて…ほんとうにありがとうございました!

当時の私はほんとに無我夢中って感じでしたよね。
今同じことをやれといっても多分ムリ!
あのときはきっと猫神様に支配されていたんでしょうね~
今は出来ないと思えるのは、猫神様が”お役目御免”して
くれたからだと、都合よく解釈しています(笑)

病気のハンデがあることで、レオンには超アマアマちゃん
なんですけど、
チャットやセナが絶対やらせてくれない歯みがきや目薬も
さほど抵抗なくやらせてくれて、おりこうなんですよ。(←親バカ~)
たすきぃがちょっと飲み物をこぼしたくらいで怒るくせに
レオンが部屋中猫砂撒き散らしても、ダンボール噛み千切って
遊んでも
「だめだよ~レオン~」って猫なで声で注意してそそくさと掃除。
レオンには憎めない素質が備わっているとしか思えない(笑)
レオンに対してこんなに甘い自分自身にビックリです!

ずーっと思いつめて考えているわけではないのですが
なにかの拍子に頭をよぎるんですね。
里子のこともレオンの幸せを考えれば探してあげたほうが
いいんですけど
その労力を考えると1歩がでなくて…。
里子のことも、合流のこともずーっと心に引っかかってくると
思うのですが
時間の経過と共にまた違った状況や考えが浮かんでくるかもしれない…
時間に任せてみるのもいいかもしれないと思い始めています。

ほんとに、白血病ワクチンが絶対的なものだったら、
ウィルスが猫にうつらないものだったらよかったのに…
ずーっと発症なくいってほしいけど、とりあえず3歳クリアできたら
少しあんしんできるかも。
後1年半、頑張ります!

KEIさんも出産間近で大変な時期に、気を使ってくださって
ありがとうございます。
もしもの時があったら、メールさせていただいちゃうかも。
逆に私でもKEIさんの助けになるようなことがあれば
遠慮なくメールしてくださいね。
相談できる相手がいるってだけで、気持ちが軽くなりますよね。
そうできるお友達が増えてほんとに嬉しく思っています。
いつも、ほんとに、ありがとうですi-239
2010/03/05(金) 13:45:41 | URL | たすくママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。