気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニャコム隊長!
2010年05月31日 (月) | 編集 |
前回はレオンの無事帰還に温かいお言葉をありがとうございました。
当のレオンはまったく懲りず、毎日私の顔をみるなりベランダ出せーーの催促。
お願い目線に負けて付き合うハメになり、最近我が家の夕飯時間は30分ほど
遅くなってしまいました(涙)

さて、レオンの脱走劇では、チャットのニャコム業務が捜索の手がかりとなりましたが、
我が家一の年長者チャットは毎日のニャコム業務を欠かしません。
年長者として、防犯の責務を感じているのでしょうか?
どんなに寒い日でも窓を開けろと命令され、寒さをガマンしながら
食事を作る私は、チャットにと~ってもメイワク感謝しています。

今日も張り切ってニャコム業務に勤めるチャット、なにやら危険を察知したよう。
しきりに威嚇の鳴き声を張り上げ、シッポがタヌキばりに膨らんできました。

CIMG2466.jpg
「むむむっ!怪しいヤツ発見!(しっぽボン!)」

チャットの巨体をかいくぐり、窓の外を見るとたまに見かける外猫さんの姿。
このところ見かけていなかったので気になってたけど、元気だったのね!

CIMG2465.jpg
「にゃぁぁぁうぅぅぅ~(こらぁ!人んちの塀、勝手に歩きなやーーー!)」
「・・・・無言。(何コイツ熱くなってんだ?)」

全身総毛だつほど興奮しているチャットを尻目に、何もなかったように平然と通り過ぎる外猫さん。
チャットはどの外猫さんにも威嚇するけど、いつも相手にされません。
家の中でぬくぬく過ごしてる猫なんて相手にもならないと、舐められてるのかな?

CIMG2467.jpg
「~♪じゃ~な~~」
「おんどれ~ちょっと、待ちぃやぁ~」

平然と通り過ぎる外猫さんの態度に、さらに威嚇を試みるチャット。
姿が見えなくなっても逆毛たてて、威嚇をやめません。
チャットの尋常でない声を聞きつけて、セナも駆けつけてきました。


CIMG2468.jpg
「お兄ちゃん、どうしたの!」
「今あやしいヤツが通り過ぎたんだ!にゃろ~~」

セナもチャットと一緒に不審猫(?)が近づかないように、抗議してくれるかな?


CIMG2469.jpg
「ふ~ん・・・・・」
「・・・・・・」

セナのテンション低い冷静な反応に、やっと落ち着きを取り戻したチャット。
セナは外猫さんに対して、自身も外生活経験者なだけに、敵対意識はないのかもしれません。
(チャットは生後1ヶ月くらいでダンボールに入れられ、捨てられていたところを保護したので
 外生活の経験はないと思われます)

セナの防衛意識の低さを痛感したチャットは「ニャコム隊長」の座はまだまだ譲れないと決意も固く、
今日もキッチンの出窓から熱心に業務遂行しております。



老体にムチ打ってニャコム頑張っているチャットに応援の…
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  

スポンサーサイト

指名手配~無事確保!
2010年05月26日 (水) | 編集 |
今頃こんな写真を載せていたかもしれません。


reon.gif

容疑は 「脱走」 

レオンまた2階のベランダから脱走しました。(前回の脱走のことは → こちら )

前回も脱走に気がついたのは夜で、暗闇の中の捜査は大変でしたが、
小1時間ほどで捕獲できました。
今回は水曜の夜に脱走、金曜の朝捕獲、丸2日間の逃避行でした。

当夜は夜になっても強風が収まらず、もしかしたら脱走ではなく、
風に煽られたのかもしれません。
夜ゴハンをもって部屋に行くと、必ず駆け寄ってきてゴハンをがっつくレオンが
この日は駆け寄ってきません。
呼んでも返事がありません。
いるはずのベランダに目を向けると、どこにもレオンの姿はありません。
もちろん、部屋にも姿はありません。

「うそ・・・・また落ちた・・・?」

ベランダにでて名前を呼んでも返事はありません。
懐中電灯で辺りを照らしてもみつかりません。
外にでて名前を呼びながら捜しても、返事はおろか、神隠しにあったように
気配すら感じられません。

その後もちょくちょくベランダから大声で名前を呼んだり、外に出てみたりしましたが
状況は変わりませんでした。

家の周りは密集していて、しかも落ちたと思われる場所の裏はすごく広いお宅で、
時間柄庭を捜させていただくわけにもいかず、食いしん坊のレオンのこと、夕飯抜きで
脱走したから、もしかしたら自分で戻ってくるかもしれないと、家で待機していました。


CIMG2520.jpg
裏のお宅。我が家が5~6件建つぐらい広いです。


CIMG2519.jpg
ベランダから真下を見たところ。塀が真下にある感じ。


結局この夜は帰ってこず、隠れている気配さえも感じませんでした。
この日は強風の影響で気温が低く、寒い夜でした。
健常猫に比べて免疫力の低いレオンの体が心配でなりませんでした。


お腹がすいているのに帰ってこない理由をいろいろ考えてみました。

①家がわからない。
②我が家に来てからほぼ初めての外出に興味深々で帰ってこない。
③落ちたとき大怪我をして、途中で動けなくなってしまった。


外にでたのは先の脱走のときだけで、土地勘がほとんどないレオン。
①や②→①のパターンは十分ありえます。
また③は考えたくないけど、状況として考えられなくもないです。


leon2.gif
ここから誤って落ちたら、ブロック塀にぶつかる可能性大。


次の日の朝、明るくなったところで、2階から姿を捜したり名前を呼んだりしましたが
相変わらず反応なし。
猫がいなくなったことを理由に仕事を休むわけにもいかず、支度をしていると
キッチンの出窓(ベランダ下にキッチンの窓があります)でニャコムっていた
チャットが鳴いた「にゃ~ん」の声に続き、違う鳴き声が外から聞こえてきました。

「レオンだ!」
名前を呼びながら急いで玄関から裏に回ろうとしたら、塀の上を走り去る
レオンの姿が見えました。
塀の先は林につながっていて、中に逃げ込んでしまったよう。
私の声を聞いても逃げてしまうようでは、捜しにいったところで捕まえるのは難しいし、
チャットの姿を見たことで、家の位置はわかっただろうから、お腹すかせて帰ってくるまで
待つことにしました。

一瞬でも元気な姿が見られたので、ちょっとだけ安心して出勤しました。

家に帰宅後、裏のお宅の庭を捜させてもらったり、林の中も見にいきましたが
出てきてくれませんでした。
キッチンの窓の前の塀に、ササミをちぎっておいておきましたが、なかなか姿を
現しません。

その日もそこそこ寒かったのですが、窓を閉めずに外をうかがっていると
夜遅くなってササミがなくなっていることに気がつきました。

「レオ~ン!」
呼んでもやっぱり反応なし。でもしばらくすると暗がりの中にレオンが姿を現しました。

また急いで玄関から出て行くものの、やっぱり逃げてしまいます。
玄関を開ける音が恐怖心を煽っているようなのですが、塀に近づくには玄関を出て
裏に回らないとならないので、ごはんをもっていったとしても逃げられて
捕獲できなそうです。

2日ちかく何も食べていないので、置き餌も考えたのですが、もう少し空腹感が増せば
警戒心も和らぐかと思い、その日はササミ1本だけ与えました。

夜中まで起きていたダンナによると、何度も帰ってきていたようなのですが、近づくと
逃げるを繰り返し、やっぱり捕獲できなかったとのこと。
これはどこかで捕獲器を借りてこないとだめかも…。

次の日の朝、昨日と同じ場所にカリカリを少し置いておきました。
たすきぃもダンナも出かけてしまい、一人朝食を摂っていると、レオンがカリカリを食べに
来ていました。

玄関を出ると前日の二の舞なので、今度はキッチン台に乗り、窓からレオンに近づきました。
キッチンの出窓にはアルミ格子がついているので、一定以上近づけません。
空腹もピークだったのか、一瞬逃げるそぶりを見せましたが、私が窓の中にいる安心感もあって
再び食べ始めました。

手を伸ばしたら逃げちゃうかな…網戸を開け、格子の隙間からレオンに手を近づけましたが
逃げません。撫でることも出来ました。

「この格子がなければ簡単に捕まえられるのに…まてよ?この格子の幅ならレオンを
通すことができるかも…」

急いでウェットフードを皿にのせ、再び格子の隙間からレオンに近づけると、塀から身を
乗り出してお皿に食いついてきました。

「もう少し…」不安定な体勢で、お皿を持った右手を伸ばし、左手を思いっきり伸ばして
レオンの首輪を・・・掴みました!(レオンに首輪をつけててよかった~)
このまま引っ張ると首吊りになっちゃうので、お皿を一旦置き、右手で前足を掴んで
格子を通し、見事捕獲することができました!

出勤前の捕り物劇、とりあえず保護部屋に入れて、ごはんをいつもの半分あげて、
慌しく出勤しました。
帰ってきたレオンは白毛の部分が薄汚れて頭には蜘蛛の巣を被ってて…
簡単に体は拭いたけど、翌日にシャンプーしました。
(やろうと思っていたので丁度よかった?)

CIMG2546.jpg

その後体調など変わったところはなく、元気にしているので心配はなさそうです。
ただ口と腕に小さい傷がありました。本にゃんも痛がっていないのでこちらも様子見。
今はすっかりよくなってきています。


前回脱走した後は、私の監視付きでベランダにだすようにしていました。
その後落ちそうになることもなかったので、忙しさにかまけてレオン一人で
ベランダにだすようになってしまいました。(もちろん私の在宅中のみ)
完全な慢心ですね。

今もレオンは懲りずにベランダに出せ~と催促してきます。
出すと外の空気を直接感じられて、気持ち良さそうに遠くを眺めています。
でも今後はどんなことがあっても私の監視つき。
時間のないときは出せないときもあるので、不満に思っているかもしれないけど
レオンが帰ってこない2日間はほんとに心配で、大変な思いをしたんだもの。
あんな思いはもうしたくないのよ~
だからレオンも協力してちょうだい!!

CIMG2529.jpg

いつもなら私の気配を感じると、部屋の中で大音量で鳴き続けるレオン。
正直うっとうしく感じることもありました。
でも階段を上がっていっても、隔離部屋のドアを開けてもレオンの声が聞こえてこないことが
こんなに寂しいなんて…。
ほんとに無事帰ってきて良かった~

もう勝手に出て行っちゃ、ダメだからね!分かった、レオン?


<おまけ>

はぁ~い!!!  
CIMG2530.jpg



なんと言ってもレオンが無事帰ってきてホッとしているママさんにお祝いの…
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  





じゃましぃニャンコ!
2010年05月16日 (日) | 編集 |
***この記事は2月に書いたものです。季節感が前後しておりますことをご了承ください。***


我が家の若頭、セナはもぐるのが大好き。

家ではこたつにもぐり、夜は私のベッドで掛け布団と毛布の間にもぐって寝るのが常です。
外にいたころは自転車カバーを引きずり下ろして包まって寝ていたぐらいなので
もぐりグセは筋金入りです。

そんなセナの今一番のブームはこちら!

CIMG2409.jpg

布団カバーにもぐること!

私が布団カバーを交換しだすと目を輝かせて近づいてきます。
我が家のカバーは袋状のもので、布団にすっぽりかぶせたらチャックをします。
とにかくセナは必死でもぐろうとするので、ただでさえメンドウなカバーがけ、
全然はかどりません。

CIMG2407.jpg
「セナ~出なさ~い!」
「いやにゃ!!」

CIMG2411.jpg
「いつまでたってもカバーかけられないでしょ!早く出て!」
「いやにゃって言ってるでしょ!!」

引きずりだしてもスキを見てさらに奥にもぐっていきます。

CIMG2410.jpg
「ぜ~ったい出ないにゃ!!」(ずるずるずるずる・・・)

CIMG2412.jpg
頭隠してしっぽ隠さず(猫ことわざ辞典より引用)

CIMG2413.jpg
完全に隠れてしまいました┐( -"-)┌ヤレヤレ...

何度怒っても布団カバーにもぐるのをやめないセナ。
どこにそんな魅力があるのか…謎です"o(-_-;*) ウゥム…



ほんとはこの記事が100記事目でした!遅ればせながら、祝福のポチッ、ポチッと
よろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




予定とおりにいかない~
2010年05月10日 (月) | 編集 |
あっという間に大型連休も終わり、7月まで連休なしの生活に突入して
ちょいブルーになっています。
(かといって、時給パートのため、休んだ分お給料も減るので休みを手放しに喜ぶ
 訳にもいかないのですが)

連休は、何処にいっても混むし高いしで、たすきぃには申し訳ないけど
5連休を家の片付けに当てる予定でいました。

レオンが使っている部屋は物置と兼用で、後で片そうと何年もそのままのものが
溢れていて、それらを全部処分して、部屋を仕切り、レオンと今たすきぃの部屋に
置いてあるルナのケージを移動して、猫部屋にしようと計画中なのです。

5日間あれば、とりあえずいらないものを処分して、スペース作りまではできるかな…
なんて目算していたのですが、なかなか予定通りに事は運んでくれませんでした。

●予定通りいかなかった理由①
 セナとレオンを病院につれて行きました。

 セナはしっぽの付け根がハゲてしまい、掻き潰しの後が出来てしまいました。

CIMG2477.jpg

以前別の病院で診てもらったときは、いろいろ検査しても原因が特定できず、
アレルギーの可能性も残しつつ、服薬で症状が治まりました。
今回はレオンも一緒なので、レオンのかかりつけで診てもらったら、患部を見るなり先生は
「これはアレルギーだろうな~。猫のアレルギーは難しいんだよ」と一言。

CIMG2478.jpg

あぁ…やっぱり。
お外にいた頃、3兄妹でセナだけ疥癬に罹ったのも、アレルギー体質だった
からかもしれません。
とりあえず今は軟膏で様子見なのですが、効果はイマイチ。(私の目を盗んで舐めちゃいます)
受診してから外に出すのは止めていますが、その後アゴ下にも新たな掻きつぶしが。
アレルゲンが外にあるとは断定できないようで、でもその他心当たりのものがないので
とにかく患部を治すしか対処が出来ません。

アゴ下は舐めることが出来ないので、シッポの付け根より回復は早いようです。
これで治って、また再発したときは、病院の先生には言われなかったけど
アレルギー検査を受けたほうがいいのかな…。

CIMG2473.jpgCIMG2470.jpg
アクビ2連発してる場合じゃないよ~~!!



続いてレオン。
レオンは左肩甲骨あたりにシコリが見つかり、「もしや、腫瘍では!?」と心配になり病院に連れていきました。
(ウィルスキャリアの子は腫瘍が出来る確率が高いのです。)


CIMG2492.jpgCIMG2493.jpg


シコリの中身を採取して、出た診断は「嚢(のう)腫」。
シコリの中身はニキビを潰したときに出てくるものと同じだそうで、もちろん良性とのこと。
様子見で問題ないのですが、これは増えることがあるので、そうなった場合は
手術で切ったほうがいいといわれました。

CIMG2485.jpg

ホントは1つ、ぽんっと出来るシコリなのに、レオンは大きめの米粒大のシコリが
3つ並んで出来ていて、ちょっと珍しいと言われました。
毎日観察していますが、今のところシコリが大きくなることも、増えることもありません。


●予定通りに行かなかった理由②
今度はたすきぃを病院へ

猫たちの病院が済んで、明日からの5連休、片付けがんばろう!と意気込んでいた前日の夜、
たすきぃが学校の耳鼻科検診の疾病通知を出してきました。

「アレルギー性鼻炎の疑いあり」

以前から鼻が弱く寒くなると鼻が詰まったり、グシュグシュしたりしていたのですが、
思い返せば花粉の時期、症状がひどかった気がします。
学校からの疾病通知は病院で診断結果を書いてもらい、提出しなくてはいけないので、
連休休みになる前に耳鼻科を受診したのでした。

アレルゲン検査の結果、スギ・ブタクサ・ハウスダスト・カビにアレルギー反応が。
セナに続き、たすきぃまでアレルギー…。
幸いなことにネコアレルギーは出ず(生まれたときから一緒にいるから当然か)
もしネコアレルギーがでたら、チャットたちを外に出すわけにはいかないから
あんたが外生活するんだよ、と脅されていたたすきぃは胸をなでおろしていました(笑)

掃除とか、自分ではマメにやっていたつもりですが、足りなかったのかな?
これからいろいろ気をつけないといけなくなりそうです。


残すところ4連休。
1日目は予定通りダンナと手分けして、不用品の処分。
2日目は部屋に積み上げられたゴミ袋の山を車に詰めこみ焼却所に持ち込み。
そのあと売れそうなものをリサイクルショップに持ち込み、猫部屋製作に必要な
材料を見にホームセンターへ。

3日目はさすがにたすきぃを連休中遊びに連れていかないのは可哀想とダンナが言うので
車で2時間ほどのところにある、県内の森林公園に行ってきました。

CIMG2500.jpg

この公園の広さは東京ドーム65個分だそうで、とにかく広い!
入口ゲートが4箇所あって、ゲート付近に遊び場があり、ゲートからゲートに
移動するのに起伏アリの道を15~20分歩かなくてはなりません。
(レンタサイクルや移動バスもあるのですが、1~2時間待ちなので歩いたほうが速い!)

CIMG2507.jpg
さんざん歩いた上、水遊びでずぶ濡れになり、アスレチックのポイントを走りながら
こなしていたたすきぃ。
楽しいと、子供の体力は底なしですね。


とにかく歩いて歩いて歩いて…普段歩かない体には相当こたえたらしく(夫婦ともに)
連休最終日の次の日は自分の体が使い物になりませんでした。


当初の予定はレオンの部屋の不用品はすべて撤去できるはずだったのに…。
半分くらいしか終わっていません。
この部屋が猫部屋として機能すれば、ルナも私たちの行き来を気にすることなく
狭いながらも、ケージから出ることも出来るようになると思います。
レオンも今までより生活スペースは狭くなるけど、隔たりがあっても一緒にいられる
猫がいて、少しは寂しさも紛れるんじゃないかな…
(お互い逆にストレスにならなければいいのですが)

とはいっても、気分が乗らないとなかなか腰のあがらない私。
他にもやらなきゃいけないことは盛りだくさんで、すぐに完成とはいかないけど
ダンナをフルに使って、早く部屋を作ってあげたいと思います。


あと1回、5連休が欲しいよ~~!!!


早く猫部屋が完成するように、みなさんの応援の…
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。