気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2年が経ちました<中編>
2010年03月28日 (日) | 編集 |
いつもと違う様子のヘッケルを病院に連れて行くと、
便秘だとの診断でした。

ヘッケルは数年前から便秘症で、以前にも2回ほど浣腸してもらっています。
その後、便秘改善の療法食にしたり、薬を処方して飲ませたりとしましたが
療法食はドライ・ウェットとも口に合わず、薬も激しく抵抗するので、飲ませたり
飲ませなかったりしていました。

いつもなら浣腸のあと、元気も食欲も戻るのに、このときは食欲が戻らなくて
再度病院に連れて行きました。

詳しく調べると、お腹に腹水が溜まっているとのこと。
注射器で抜いた水は茶褐色で、状態はあまり良くないとのことでした。

ただ腹水だけでは判断が難しく、現状を詳しく確認するため開腹手術を勧められました。

CIMG2428.jpg

手術といったらかなりの金額なるだろう、病気が治るための手術ならともかく、
病気を特定するためだけの手術(この時点で予後が良くないことは大方判断出来ていました)
にお金をかけるのは、正直キツかったです。

見積をだしてもらったら、入院費や手術・麻酔代、検査等で15万。
(実際は17万近くかかりました)
これで病気が完治するなら迷いませんが、確認だけのために支払うには高額ですよね。
でもヘッケルが今どんな状態で苦しんでいるのかはハッキリさせたかったし、
状態が分かればヘッケルにとって一番いい治療なり環境なりを考えてあげることが
出来ると思い、決断しました。

手術が終わり、病変部の細胞をとって検査機関に送って出た結果は”腺がん”。
…聞いたことない病名でした。
(腹水が溜まっていたこともあり同時にFIPの検査もしましたが、こちらは陰性でした)

ヘッケルの術中の写真を見せてもらうと、腸壁に小さいオデキ状のものがたくさんありました。
腺がんはもともとの病巣(=がん)が飛び散ってできるものだそうですが
(多分そういう説明だったと思うのですがこのへん記憶があいまいです・汗)
ヘッケルにはその病巣部分が確認できませんでした。
数が確認できないほどのオデキ状のものをすべて取り除くのは難しく、ありていに言えば
”手の施し様のない状態”でした。

CIMG2431.jpg

その後の治療について、ひとまずは対処療法でいくこと、この症例に詳しい先生により有効な
治療法を相談すること(メールでの問合せで返答に時間がかかるとか、会う機会があったけど
その話が出来なかったとか、結局分からず仕舞いでした)、治療法を模索する間に、
なにより治療に耐える体力をつけることが急務でした。

手術後初めてヘッケルに会ったとき、すでに胃にチューブが通されていました。
術後自力でご飯を食べることが出来なかったので、この時点で処置したことは
正解だったとは思うのですが、事前の説明もなく処置されてしまったことに
違和感がありました。

強制餌給のやり方を教えてもらい、後は家での看護となりましたが、日中仕事で留守にする
家にヘッケルを自由にさせておくのは危険なので、早急にケージを購入し、私が留守のときは
ケージで過ごしてもらうことにしました。

病院から家に帰ってきたヘッケルは、お気に入りの出窓に飛び乗ったりする元気がありましたが
じきにそれも出来なくなりました。
流動食が主になりましたが、できれば自分でもゴハンを食べられれば、ということで
大好きなウェットをあげてみましたが、自分から食べようとはしませんでした。
口をあけ、上あごの裏側にウェットを塗って食べさせる方法を病院で教えてもらって
実践しましたが、必ず吐いてしまって受付ませんでした。

まず治療に向かう体力をつけることが先決でしたから、とにかく食べてもらいたかった。
流動食も一度に多くは摂れないので、1日3時間おきぐらいにわけて与えるのがいいと
言われたのですが、仕事をしていてその通りにするのは難しかったので、先生と相談して
朝1回、仕事から帰って1回、寝る前に1回流動食を与えることにしました。
私が在宅している時間のなかでこれ以上給餌回数を増やすと、必ずヘッケルは
吐いてしまいます。
また1回の量を少しでも多くするとやっぱり吐いてしまう。
チューブから送る速度にも気を遣って、毎回完食してくれるよう、祈りながら給餌していました。

DVC000621.jpg

食事も十分な量摂れていないヘッケルは、だんだん動きもなくなっていきました。
トイレも粗相が多くなり、トイレの淵が毎回汚れていました。
いつもいるリビングでは落ち着いて寝ることができないし、トイレや食事に行くのにも
大変だろうと、今レオンのいる部屋をヘッケルの部屋として隔離しました。

だんだんヘッケルから表情が消えていきました。
撫でても無表情のまま、されるがままでした。
ずっと隔離のままでは可哀想と思い、夜はリビングにベッドを移動したり‥

病院から寒さに注意するよういわれていました。
隔離部屋ではヒーターをつけて、ベッドにあんかを入れて、寝るときは
布団をかけてと気を配っていましたが、気づくと冷たい床の上で
香箱組んでいました。
具合が悪くなると涼しいところに行きたくなるそうで、ヘッケルの状態の
悪さを物語っていました。

DVC000671.jpg

流動食にしてから、便がでなくなりました。
病院から便を柔らかくするシロップ状の薬を処方されていて
チューブから毎食後投薬していましたが効果がありません。
亡くなる一週間前にさらに薬の量を増やして様子を見ましたが
やはりダメでした。

便が出なくなって3週間強、ヘッケルの体の状態を考えると
厳しいものがありましたが、これ以上便の出ない状態もヘッケルの
体に相当な負担がかかるので、浣腸することになりました。
浣腸は相当の体力を使うので、ヘッケルの体力を考えると
危険と背中合わせの状態でした。
でも、便がでないことで流動食の量もさらに摂れなくなってきていて
食事が摂れないことはもっと危険でした。

2008年3月8日、ヘッケル最後の病院へ行きました。
スポンサーサイト

2年が経ちました<前編>
2010年03月17日 (水) | 編集 |
CIMG2414.jpg

3月8日はヘッケルの2回目の命日、3回忌でした。
ヘッケルのことをこうして記事にするのは初めてで、みなさんにも
なじみのないにゃんこですが、今日はヘッケルの話にお付き合い
いただいてもいいでしょうか?


ヘッケルは私とダンナが飼った初めての猫でした。
ヘッケルがいなければ、チャットたちは我が家にいなかったかもしれません。
私がのちに猫ばかになるキッカケをくれた猫でした。

13年前、ヘッケルと会ったのは私の実家がある、団地の駐車場でした。
夜実家での用を済ませ、停めてあった車に二人で乗り込んだところ、ダンナが
「車の下に猫がいる」と唐突に言いました。
私は気配すら感じなかったので、「気のせいじゃない?」とダンナが車の下を覗いているのを
助手席で見ていました。
体を起こしてダンナが運転席に乗り込んだとき、膝の上に子猫がちんまりと座っていました。

IMG_convert_20090308024112_20100228170122.jpg
保護当時。涙目でガリガリでした。


住んでいたアパートはペット禁止でしたが、放っておくわけにもいかず(特にダンナが)
ナイショで飼うことにしました。
(アパートの大家さんはダンナの祖母の友人なので大目にみてくれるかな、という甘えも
 ありました。が、退去時しっかり敷金徴収されました

病気っぽいのでダンナの実家でかかりつけている病院で診てもらうと、
歯が折れていてもしかしたら事故にあったかもしれないとのこと。
全体の状態から「エイズみたいな感じだな~、検査してみないと分からないけど」
と言われました。
猫エイズの名前は知っていましたが、病気の内容は無知で
先生が勧めないのもあってウィルス検査をしませんでした。
(ウィルス検査自体知らなかった)

CIMG2423.jpgCIMG2425.jpg
ダンナが大好きでいつもくっついて寝ていました。

のちにエイズキャリアであることが分かるのですが、保護時すでにかかっていたのか
うちに来てからもよく外に脱走していたのでそのとき感染したのか定かではありません。
家では基本室内飼いでしたが、窓を開けたスキに脱走し、気が済むときちんと家に
帰ってきていたので、脱走対策をしてまでヘッケルを室内飼いするようなことは
しませんでした。

見かけによらず気が強くて、人は大好きだけど猫は大嫌いだったヘッケル。
外猫に出くわすと自分からケンカを売っていたようです。

たすきぃもまだ生まれる前のこと、ヘッケルは子どもそのものでした。
常にかまってあげていたし、ヘッケルも自分の欲求には妥協しませんでした。
寝るときは必ずダンナと私の間でないとダメだったし、
気が強くて、甘えん坊で、私たちの愛情を独り占めにして
育ちました。

IMG_0001_convert_20090308024225_20100228170124.jpg
抱っこすると必ず顔にスリスリしてきました。


ヘッケルが3歳のとき、チャットが我が家にきました。
チャットは私が公園の前でダンボールに入って
捨てられていたのを保護しました。
ヘッケルが猫らしい猫に対し、チャットは猫らしくない猫でした(笑)
オヤジ座りをしたりヘソ天で寝たり、とにかく笑いを提供してくれる
チャットにだんだん構うことが多くなりました。

今でなら新入りがきたときは先住猫を優先するのがいい関係作りの基本ですが
当時は知る由もありませんでした。(知る努力をしなかった)

チャットが来てからしばらくして、ヘッケルが少し痩せてきたように見えました。
家で体重チェックもしたことがなく、食欲もあったので気のせいかとも思いました。
チャットがきてストレスになってるのかな…そうも思いましたが、それ以外
不調に見えることはなかったので様子を見ていました。

その後ヘッケルの口臭がひどくなり、病院で抜歯をしました。
1本はいつ抜けてもおかしくないくらいグラグラでした。
記憶が定かではないのですが、多分そのとき改めてエイズのことを
言われウィルス検査をしたのだと思います。
結果は陽性…

幸いにもチャットには感染していなかったので、病院で食器やトイレの共有を避け
出来れば隔離したほうがいいと言われました。
今まで一緒だったものを突然離れさせるのは難しく、アパートでは隔離する場所も
なかったので、今までとおりにしていました。
病気のことをよく知らなかったからできた事で、このときは隔離が出来ない以上
チャットにうつっても仕方がないと思っていました。

CIMG2430.jpgIMG_0002_20090906162740.jpg
何かとまとわりつくチャットに迷惑顔のヘッケル。

チャットがきてしばらくしてたすきぃが生まれ、私は初めての育児に
いっぱいいっぱいで、猫たちとの時間が減っていきました。
一人っ子で甘えたい放題だった時期から、
チャットがきてたすきぃが生まれて、環境が変わったことは
そのときは気づいてあげられませんでしたが、ヘッケルに
ストレスを感じさせるものだったと思います。

今でこそエイズにストレスは大敵だと知っていますが
猫の病気や諸々についてきちんと向き合うようになったのは
ネットを見るようになってから。
当時は見た目元気でご飯を食べていれば、心配することもありませんでした。

また私は、人間にベタベタのヘッケルより、ツンデレのチャットのほうを
構っていて、夜寝るときもチャットと寝ていました。
ヘッケルは後から布団に入ってくるのですが、私の首の上や
お腹の上に乗りたがり、少しうっとうしく思っていました。
普段はダンナ大好きなヘッケルでしたが、ダンナが布団に入れてあげても
すぐ抜け出して私の布団に入って来ました。

昔はダンナとも寝ていたのに、思い返すとヘッケルが私の布団で寝ることに
こだわりだしたのは亡くなる数ヶ月前からだった気がします。
今だったらエイズキャリアのヘッケルに、レオンと同じようなケアをしてあげただろうに
今更後悔しても遅いことですが、そう思ってしまいます。

CIMG2427.jpg
一緒に寝てても仏頂面(笑)

猫嫌いだったヘッケル、チャットがきた当初は威嚇こそしませんでしたが
2匹で撮ったどの写真を見ても仏頂面のヘッケルばかり。
チャットは子猫特有の、上の子に興味深々でくっついてばかりいて
今まで一人で悠々自適に過ごしていたヘッケルにはうっとうしかったのでしょう。

それでも若いころはたま~に遊んだり、一緒に寝たりしていました。
晩年になるとチャットがヘッケルに毛繕いしようとすると怒るようになり、
寒い日に一緒に寝る以外、一緒にいたり何かするといったことはありませんでした。
ヘッケルがチャットにグルーミングするところは見た事がなく、
寂しいと思う半面、一緒にいることが少なかったからこそ、チャットがエイズに感染することは
なかったのかなとも思います。



2年前の2月、いつもなら私が布団に入ると後を追ってくるヘッケルが、朝起きたときも
暖房の消えた寒いリビングで香箱組んで座っていました。
寒いのが苦手なヘッケル、冬は暖房を消すと布団に潜り込んで寝るのが常でした。
暖房のない部屋で1晩明かすということは、ヘッケルの体調が良くないことを意味していました。
(以前にも同じようなことがあったので)




***長くなりましたので(毎度ながら長い文章ですみませ~ん)<後編>に続きます。
     前編に最後までお付き合いくださってありがとうございました!
     途中ですので、コメント欄は閉じさせていただきます<(_ _)>***



最近fc2の調子が悪くて記事作るのに悪戦苦闘している(言い訳~?)ママさんに…
応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  


とどかぬ想い
2010年03月05日 (金) | 編集 |
前回はレオンのうちの子記念を一緒に祝ってくださってありがとうございました。
これからも一緒にレオンの成長を見守っていただけたら嬉しいと思っています。

話はガラっとかわって・・・・・


突然ですが、私は魔です。(注:変態ではありません!)

もちろん、する相手はにゃんずです。

1日1回以上、かなり濃厚なをします。

といっても、マウスtoマウスではなく、ギューっと抱きしめて

ほっぺや鼻にの嵐をお見舞いし、頬ずりも欠かしません。

セナとレオンは不本意ながらも私のを受け入れて

くれているのですが、この方は毎回頑なに拒んでを受け入れてくれません…


CIMG2344.jpg
「チャット~チューさせてぇ~ん
「ウザイ!やめろ!断固拒否!!!」
渾身の力で私の顔を押し返します。


CIMG2345.jpg
「だってチャット大好きなんだも~ん。ちょっとだけ、いいでしょ~」
「お母さんウザイ!ちょっと何とかして~~~!!!」
(撮影しているダンナにレスキュー要請・笑)

とまあ、毎回こんな感じで拒否られています。

もう10年来の付き合いになるのに、なかなか思いが伝わらない。
このままずーっと片思いかしら?(せつない…)
それとももうじき還暦だから、色恋事は卒業なのかしら?

でもねぇ、拒否されると余計したくなっちゃうのよね。

今日こそは、と気合をいれて毎晩チャットにを迫り続けています。
今のところ、全敗です(涙)


仲良くしていただいている猫道上等★のみきぽんからステキなものが届きました。

CIMG2421.jpg

ご自身のブログ3周年イベントの参加賞ということで、オリジナルのキットカット!
我が家のにゃんずも目がないウニオくんとネズさんも!(ネズさんはすでに音信不通です…)
チョコはもったいなくて開けられずにいます。でも賞味期限ないにはいただかないとね!
みきぽんさん、ステキなプレゼントありがとうございました♪


<おまけ>

反則やろ~!
CIMG2346.jpg
この見事なモフっ腹で人を惹きつけといて、はダメって…
究極の反則ワザやわ~


<おまけ2>

我が家に鬼がやってきた!!
CIMG2341.jpg
節分の日、学童保育の最上級生ということで青鬼役に大抜擢されたたすきぃ。
先生から「普段のたすきぃくんからは想像できないほど、青鬼になりきってましたよ~」と
お褒めの言葉をいただきましたが
本人は「下級生からたくさん豆ぶつけられて痛かった…」とのこと。
お兄ちゃんはつらいよね~



チャットに想いが届きますように…応援の
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。