気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寒~い!!
2012年03月12日 (月) | 編集 |
前回のミウの手術代、みなさんから「高い~」と言っていただいてホッとしました(笑)
毎度毎度、治療費云々の話で自分でも「ケチケチしてるな~」なんて思わなくも
ないのですが、私が働いてようやく5にゃんを食べさせてあげられる状態なので、
その辺どうしてもシビアになってしまいます

ともかく、前回のミウの治療費のショック(?)からようやく立ち直ってすぐ、
今度はチャットが体調を崩してしまいました。

CIMG4918.jpg

病院に行く1週間くらい前から食欲がなくなり、1日のほとんどをベッドで過ごすように
なりました。
いつもなら食事の支度を始めると足元で待機していたのに、ヒーターの前で丸まっていて
ただ事ではないと。
でもだるそうにしてるわけではなく、動くときは動くんですけど、必要以上の動きをしなく
なりました。

どこか痛い様子もなく様子をみていたら、オシッコが以前に比べて濃くなっていて、
あわてて検尿して病院に駆け込みました。

CIMG4908.jpg
おじいちゃん(チャット12歳)と孫(ミウ0歳)の図(笑)

しかし、診断の結果異常なし。エコーでお腹を見てもらいましたが気になる部分もなく、
毛つやや顔つきもいいし、様子を見てくださいとのこと。
クセになってる肛門腺も問題ありませんでした。

病院から帰宅して次の日、ダンナがチャットの足の引きずりを発見。
過去2回、両後ろ足の関節炎を患っているので「またか」と思い見ると
今度は前足を引きずってる!?
再び病院に行きレントゲンを撮ると、やはり後ろ足と同じ関節炎の症状でした。

前回の関節炎以来、毎日サプリメントは服用していたのですが、前足は後ろ足より
体重の負担がかかるため、階段の登り下りが負担になったのではないかと。

この関節炎は体重の負担もありますが、加齢も大きく関わっているので
シニアでおデブのチャットにはある意味宿命なのかも。
完治は難しく、今後は対処療法とサプリメントの常用で様子を見ることに
なります。

診察時痛み止めの注射をして、数日の飲み薬を処方してもらい帰宅。
注射が効いたのか、夜には普通に動けるように。
その後は徐々に食欲も戻り、今は普通に生活できています。

CIMG4920.jpg
おじいちゃんだけどこの凛々しさ。もうすっかり元気です!

2日間の診察で、諭吉さんが飛んでいったのは痛かったけど、元気なくうずくまって
寝ていた姿から元気になった様子を見ると良かった良かったと思えてきて、
一件落着!と思ったのも束の間、
チャットを病院に連れて帰って来た後、ダンナが車で出かけて行ったのですが
出先から「車の調子、おかしいみたいだけど・・・」との電話。
私が乗ったときは何でもなかったのに何故急に?と思いながら
ブレーキの状態がおかしいとのことで放っておくわけにもいかず
出先から友人のディーラーへ持ち込み見てもらったところ、ブレーキのオイル漏れとのこと。

電話先でダンナが言いにくそうに「修理代・・・5万だって。」

もう全身の力が抜けました~。
こうも立て続けに万単位でお金が出て行くなんて・・・何のバチだろうか?
でも車はそのまま乗っていたら危ないことになっていたので、
ダンナが乗ってるときに気がついてくれて良かったんですけど。

ミウとチャットの1回目の病院代と車の修理代はいずれも安心・安全を得るための費用。
安心・安全って目に見えない分、お高いわ~~(涙)

CIMG4926.jpg
落ち込んだ時のお母さんの特効薬はオレのモフっ腹♪

でも、こうまで出費が多いってことは思わぬ収入があるってことなんじゃないかと。
だって足したくても満タンだと足すこと出来ないから、入ってくる分お財布のスペースを
開けておけってことなんじゃないかしら?
なんて、今回かなりポジティブシンキングな私(笑)

あれ?復興ジャンボはまだ発売中?
復興協力も出来て一石二鳥!早速買いに行かなくちゃ~~


<おまけ>
これって・・・?
CIMG4913.jpg
フジョボーコー?もしくはヨージギャクタイ?(汗)


チャットがモフっ腹で癒してくれましたが・・・
みなさんの応援も、ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  



スポンサーサイト

おじいちゃんになっちゃったね
2011年08月23日 (火) | 編集 |
今月の5日、チャットがめでたく12歳になりました。
人間でいうと64歳くらいだそう、見た目は若く見えますがもうリッパにおじいちゃんです。


CIMG4004.jpg
「めでたいのに、なんでキャリーに入れるんだ~
「うぷぷ、だって招待状もらっちゃったんだもん


いきつけの病院ではお誕生月に半額で血液検査をしてくれます。
10歳を過ぎてから毎年受けることにしていて、今年もお誘いの(?)ハガキがきたので
検査しに行ってきました。

チャットの通院にはルークも同行。
ルークはウールサッキングのクセがあって、子猫時代に比べれば随分収まってきているの
ですが、最近私が寝ているとき限定で、着ているTシャツを齧ることが続き、お腹に溜まっ
ていないか心配だったので、ついでに調べてもらうことにしました。
(隣に寝ているたすきぃのTシャツは無傷なんです~なんで私のTシャツだけ齧られるんだ?)

久しぶりの病院に車の中は大ブーイング
宥めすかしながら病院に着き、キャリーにしがみついて出てこない6kgブラザーズを
看護師さんと協力してなんとか診察台にあげ、それぞれ診察していただいた結果
ルークのお腹も問題なく、チャットの検査数値も花マルをいただきました。

特にチャットの検査結果は先生も感心しきりで、年齢に対しての腎臓の数値がスバラシイ
とのこと。
高齢になると腎臓の数値に心配がでてくるのですが、チャットにその兆候はなく
まだまだ現役で十分いけるとのことでした。
ルークのお腹も詰まった感はなく、布に注意してくださいとのこと。
ただ、寝てる私のTシャツ以外は齧らないので、注意しろといわれても
私は寝ると地震でも起きないほど爆睡しちゃうので(ここ数日夜中にあった地震は、
すべて朝のニュースで知りました・汗)
なかなか難しいです。
ルークも毎晩ってわけでもないので、今のところタオルケットでTシャツを隠して寝るように
してます。

CIMG3931.jpg
「スバラシイ検査結果は、よく寝てよく食べた賜物だな♪」
「いや、それがそうでもなかったんだよ~」


数値上では若々しいチャットでしたが、やはり老いの手は迫っていたみたいです。
病院から帰ってしばらくしてから、チャットが片足を引きずっているのに気がつきました。
いつも飛び乗っている出窓へも飛び乗れず、すぐ病院で診て欲しかったのですが
そのときはもう時間外、しかも翌日は休診日、その次の日は私が仕事で連れて行けるのが
夕方。
幸い足を引きずる以外変わったところがなかったので、様子を見つつ病院に連れていきました。

触診やレントゲンの結果、足を引きずる原因は「関節鼠」(またの名をジョイントマウス)と判明。
関節鼠とは、関節の軟骨が激しい運動や老化などで遊離してしまい、関節を動かす際
その遊離した軟骨が関節に入り込んでしまい痛みを引き起こす病気です。

チャットが足を引きずりだしたのはここ4~5日ですが、随分前からその症状はあったとのこと。
レントゲン写真では剥がれた軟骨も、膝の腫れも確認できました。

主に急な激しい運動が原因とされる病気ですが、チャットの場合高齢と肥満も関係していると
のこと。
激しい運動といえば、たまにルークに追いかけられているのも関係しているかもしれません。
加齢による病気ということで完治は望めず、今後対処療法で経過を見ることになります。
病院で痛み止めとグルコサミンのサプリメントを処方されました。

薬を飲むようになってから、足のひきずりは残るものの、今までどおり過ごすことができるように
なりました。
ただ、フローリングの床は足に負担になるようで、家中フローリングの我が家、
早急に対策が必要です。
それとチャットの体重も段差から飛び降りるときに足にかなりの負荷がかかっていて
こちらも早急に減量にとりかからないとです。


CIMG3889.jpg
「ごはん減量、反対ーーー!」

1回の食事をダラダラ食べるにゃんずと日中不在で管理が出来ない私。
チャットだけ適量食べさせて減量というのは正直難しいです。
私が不在時は食事を下げてしまえばいいかもしれませんが、食間が空き過ぎると
よくリバースするチャットは次の食事時に食べてすぐ吐くことになりかねません。
ダイエットフードに切り替えても、チャットが適量食べられなければ意味がなく
今のところどうやってダイエットさせるか苦慮しています。

チャットの体重を心配しつつも難しさを理由にダイエットを後回ししてしまったがために
関節の病気を患わせることになってしまいました。
人間の60~70歳代の高齢者が膝の痛みを訴えるのと同じで、老化によるものと
言われましたが、12歳の年齢がそこに該当するのか…。
レントゲンではその他の骨はしっかりしていて問題ないとのこと。
チャットが普段どおりずーっと過ごしていけるよう、フォローしていって
あげたいと思います。

それから多頭飼いでのダイエットのいい方法がありましたら、ぜひご教授くださいませ



<おまけ>

心頭を滅却すれば腹もまた減らず?CIMG3970.jpg

ルークもダイエットの必要性に目覚めたのでしょうか?
ただいま無念無想の境地にトリップちう。(ただ寝てるだけか?)


チャットにお祝いと応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




夏バテ?・・・じゃなかった!
2010年07月30日 (金) | 編集 |
毎日猛暑日が続く中、みなさん体調など崩されていませんか?

我が家では2匹ほど、発熱でダウンした猫がおります。

1匹はこの子。

2010072021330000.jpg
相変わらず、肩のりにゃんこ

我が家からダンナのアパートに戻った2日後、ダンナからちびっこの元気と食欲がないと
いうメールが入りました。
環境の変化で疲れがでたのかな?と思いながらも(ダンナが)心配だったので
病院に連れて行くことに。

診察の結果熱があり、それが原因だとのこと。
解熱剤と抗生物質の注射をし、高栄養の処方食が出されて様子見。
注射が効いたのか、食欲はまだでしたが元気は元通りになったとのこと。

普段元気そうに見えてもまだ免疫力の低い子猫。
やっぱりこの暑さが体にこたえたのでしょうか。


2匹めはこのオヤジ。

CIMG2830.jpg


3連休最後の海の日の夜。
なんとなくチャットが熱っぽく感じられました。
ご飯も食べる量は減っていましたが、全く食べないわけでもなく
ニャコムしたりもしていたので元気がないわけでもなさそうでした。

ウンPも柔らかめのものを小分けにするようになり、病院に…と
思っていたら、体の熱っぽさが少し引いた感じがして
食欲低下も体の火照りも夏バテのせい?と思って
また様子を見ることに。

海の日から2日後の夜、キッチンの出窓でニャコムしていたチャット。
任務完了でその場を離れ、チャットがいた場所に何気に目をやると血のあとが!
急いでチャットのお尻をみると薄く血で汚れていました。

もう病院はやっていないし、本ニャンも元気がないわけではないので
翌日仕事が終ってから連れて行くことに。

病院で検温したら39度を超えていて、今までの症状はすべて発熱のせいとの診断。
ということは、最初に熱っぽさを感じたときはもっと高熱だったはず。
解熱剤の注射と点滴をしてもらい、飲み薬で様子を見ることになりました。

注射のおかげでその日の夜には体が軽くなったように見え、食欲は完全では
ありませんでしたがひとまず安心・・・・ではありませんでした。

CIMG2831.jpg


2日後またチャットのいた場所に血のあとを発見。
お尻を見てみるとお尻の穴の脇がパックリ割れてそこから出血していました。
肛門腺の破裂。 
急いで病院に連れていき、残った分泌物を搾り出してもらって
(この時点でほとんど出切ってしまった模様)
またまた飲み薬とプラス軟膏を処方され帰ってきました。

肛門腺について、犬に多くて猫には少ない病気で、お尻を擦り付ける
症状を見せたら注意と聞いていたのですが、
チャットにその兆候は見られなかったのでほんとにビックリしました。

CIMG2835(1).jpg ←  傷口の画像。
     拡大図をご覧になりたい方は ★こちら★ をクリック。

先の発熱や食欲不振も夏バテではなく、これからくる症状だったようです。
その証拠に投薬を始めてからご飯を完食するようになり
普通にリビングで過ごすようになりました。
(具合が悪いときは暑くても人気のない2階で過ごしていました)


今回のことで病気の見極めがすごく難しいことを実感。
肛門腺破裂までチャットに辛い思いをさせてしまいました。
ちょっとでもいつもと違うと感じたら、すぐに病院に連れていくのが
最善だとは思いますが、この暑い時期に車で連れていかなくては
いけないことや、猫のストレスを考えるとなかなか躊躇われて
タイミングを見極めるのが難しいですね。

さて、当のチャットは傷口はまだ痛々しいもののすっかり元気を取り戻し
朝晩私の足元で執拗にご飯の催促し、食後のニャコムを完璧に遂行しています。

チャットの痛みが癒えるのに反比例して、痛みを増しているのが我が家のお財布事情。
平成版「生類憐みの令」と称して、ペットにも手当てを支給してくれないかと
儚い妄想しています・・・


<おまけ>

「ボクはすっかり元気でち」 
2010072514480000.jpg
ダンナ、少々育児疲れ気味(笑)


013.gif 里親募集 018.gif
お友達のmomoさんが可愛いチビ白猫ちゃんの家族を探しています。

7b974e51.jpg9ec6e631.jpg
チビっこと同じ茨城県で保護された子です。どうかステキな家族に出会えますように…。

詳細は『gomakina&azutama』までお願いします。



チャットの傷が早くよくなりますように…
応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  



やっぱり猫じゃない!?
2010年06月03日 (木) | 編集 |
CIMG2509.jpg
「どど~~ん!」 


お食事中の方、見苦しいものをお見せしてすみません!

説明しなくても分かりますね、我が家の長老、チャットが私の足で寛ぐ姿でございます。


CIMG2514.jpg
「全国のボクのモフッ腹ファンのみなさん、こんにちは!今日もいいモフり具合でしょ?」

確かに・・・。

リクライニングベッドよろしく、膝を曲げて太ももにチャットを乗せているのですが、
すぐ逃げると思いきや、うまく安定を保って寝ています。
足を揺らすと、気持ちいいのか目を細めるほどの寛ぎよう。

全体像はこんな感じ。

CIMG2512.jpg


セナは仰向けにもなりませんが、足をこんな風にパッカ~ンと開けることが出来ません。
というか、チャットが腹の肉がジャマで、足を閉じられないんだと思いますが。


予想に反して、チャットがずっと居座っているので、太ももと腹筋が限界になってきました。
「チャット・・・そろそろどいてくれない?」

CIMG2510.jpg
「え~~!?おかあさんのボディシェイプに協力してあげてるのに… (うそつけ!)


確かにお腹とももの内側がプルプルきてて、かなり効果がありそうだけど…。
さすがに最初から7kgの重りだと体に負担がかかっちゃうわよ!

それよりも自分の腹どうにかしたほうがいいんじゃないの?
これって絶対猫の腹じゃないですよね~。
チャットを見るたび「絶対猫以外の血が入ってる!」って思うんですよ。

顔はオオカミみたいにスッと前に出てるし、シマシマしっぽはアライグマを連想させるし、
オヤジ座りするときの格好はタヌキそのもの!
チャットのおかあさんはオオカミ、アライグマ、タヌキのいずれかと浮気したんじゃないかと
ニラんでいたんですけど…。

この間、新たな疑惑が発覚!


jthumb1.jpgCIMG2514.jpg

テレビでこの映像を見たとき思わず「チャットそっくり!」と思いました。
さらに似た画像を探してみると…

img20091122195120-1.jpgCIMG2512.jpg

このお腹のモフり具合…ウリふたつ!?
ああ~チャット、実はパンダの血を引いていたの~~~???

パンダって漢字で「大熊猫」って書くんですよね。
ってことは、パンダと猫ってなんらかの繋がりがあるのかしら?

妄想が妄想を呼んで、チャットの「猫じゃない疑惑」は膨らむばかり。
「タイムマシン」で、チャットが生まれた頃にいって確かめてみたいよ~~~



チャットの「猫じゃない疑惑」に頷いた方は…
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  


ニャコム隊長!
2010年05月31日 (月) | 編集 |
前回はレオンの無事帰還に温かいお言葉をありがとうございました。
当のレオンはまったく懲りず、毎日私の顔をみるなりベランダ出せーーの催促。
お願い目線に負けて付き合うハメになり、最近我が家の夕飯時間は30分ほど
遅くなってしまいました(涙)

さて、レオンの脱走劇では、チャットのニャコム業務が捜索の手がかりとなりましたが、
我が家一の年長者チャットは毎日のニャコム業務を欠かしません。
年長者として、防犯の責務を感じているのでしょうか?
どんなに寒い日でも窓を開けろと命令され、寒さをガマンしながら
食事を作る私は、チャットにと~ってもメイワク感謝しています。

今日も張り切ってニャコム業務に勤めるチャット、なにやら危険を察知したよう。
しきりに威嚇の鳴き声を張り上げ、シッポがタヌキばりに膨らんできました。

CIMG2466.jpg
「むむむっ!怪しいヤツ発見!(しっぽボン!)」

チャットの巨体をかいくぐり、窓の外を見るとたまに見かける外猫さんの姿。
このところ見かけていなかったので気になってたけど、元気だったのね!

CIMG2465.jpg
「にゃぁぁぁうぅぅぅ~(こらぁ!人んちの塀、勝手に歩きなやーーー!)」
「・・・・無言。(何コイツ熱くなってんだ?)」

全身総毛だつほど興奮しているチャットを尻目に、何もなかったように平然と通り過ぎる外猫さん。
チャットはどの外猫さんにも威嚇するけど、いつも相手にされません。
家の中でぬくぬく過ごしてる猫なんて相手にもならないと、舐められてるのかな?

CIMG2467.jpg
「~♪じゃ~な~~」
「おんどれ~ちょっと、待ちぃやぁ~」

平然と通り過ぎる外猫さんの態度に、さらに威嚇を試みるチャット。
姿が見えなくなっても逆毛たてて、威嚇をやめません。
チャットの尋常でない声を聞きつけて、セナも駆けつけてきました。


CIMG2468.jpg
「お兄ちゃん、どうしたの!」
「今あやしいヤツが通り過ぎたんだ!にゃろ~~」

セナもチャットと一緒に不審猫(?)が近づかないように、抗議してくれるかな?


CIMG2469.jpg
「ふ~ん・・・・・」
「・・・・・・」

セナのテンション低い冷静な反応に、やっと落ち着きを取り戻したチャット。
セナは外猫さんに対して、自身も外生活経験者なだけに、敵対意識はないのかもしれません。
(チャットは生後1ヶ月くらいでダンボールに入れられ、捨てられていたところを保護したので
 外生活の経験はないと思われます)

セナの防衛意識の低さを痛感したチャットは「ニャコム隊長」の座はまだまだ譲れないと決意も固く、
今日もキッチンの出窓から熱心に業務遂行しております。



老体にムチ打ってニャコム頑張っているチャットに応援の…
ポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。