気がついたら1(人)+5(にゃん)の子だくさん…。世話は焼けるがラブリィなわが子の日記。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱり子猫♪
2011年12月01日 (木) | 編集 |
日曜日の昼に我が家に来た時は、小さい体をブルブル震わせ
ゴハンもお水も口にせず、ひたすらビビッて隠れていたミウ。
これは慣れるまで相当時間がかかるだろうな~と思っていましたが
月曜の夜にはオモチャで遊べるほどになりました。

CIMG4288.jpg



だんだん寝床から姿を見せてる時間も増え、ケージの外へも
興味がでてきたようです。

CIMG4300.jpg


ルークもなにかと気になるようで♪ 我が家で初めてのオンナノコだもんね~

CIMG4298.jpg

昨日あたりからケージの外に出たがるそぶりも見せ、有り余る体力を
毛布のロッククライミングで晴らしておりました(笑)

CIMG4303.jpg
このとき、もう少し上のほうからぶら下がったんですよ!ミウの好奇心、恐るべし!

私にも気を許してきていて、朝リビングに起きていくと、ちょっとかすれた頼りない声で
甘えてくれます。(もう母性本能ワシ掴みされるほど、激カワです)

だんだん「ケージから出たい~」の要求が強くなってきたので、昨日の朝
オシッコを出し終わってから出勤までの数分間、外へ出してあげました。

CIMG4332.jpg

心配だった留守番も、やっぱり昼間はほとんど寝てるようでイイコでお留守番
してくれています。
ただ昨日は私が帰宅する前にオシッコがもれていました。
朝出勤して夕方帰宅まで10時間あります。
我が家に来て間もなくは、飲水量も少なかったので帰宅までもっていたのかも
しれません。
それとウンPも夕方の排尿時に刺激されるのかしばらくしてから押し出されて
きます。
きがつくとしてる、って感じなので、体が汚れれば洗って、ケージ内のシーツを
替えるのですが、
1回で出切らないのか、しばらくするとまた出てるんです。
その度にシーツを替えるのも不経済だし、したらすぐ掃除して
あげたいので、ついつい気にしてしまいます。
やっぱりオムツしたほうがいいのかな?って思ってます。

一応用意だけはしてありますが、入院していたときにオシリがかぶれていたのを
見ているのと、病院で指導されていないので、いまいち躊躇いがあるんです。

でも、私の躊躇いに反してミウのケージ出たい欲求はどんどん強くなってきているので…
昨日試しにオムツつけ、リビングデビューさせて見ました!

長くなってきたので、その様子は次回・・・焦らしちゃってゴメンナサイ!(笑)



<おまけ>
予告、ちょっとだけよ~ん
CIMG4340.jpg
にじゃらさんが、お下がりのオムツカバーを譲ってくださいました♪
ミウ、赤が似合います!(バカ親~)



ミウの意外な一面を早く見たい方はポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




スポンサーサイト

我が家へ
2011年11月28日 (月) | 編集 |
子猫を保護して1ヶ月たちました。
先週金曜日に骨折した足の固定ピン2本のうち1本をはずし、
(いきなり2本とも外すのは強度的に心配なので、もう1本は来週外すとのこと)
私の圧迫排尿もほぼ合格ということで、日曜日晴れて退院の運びとなりました。

子猫、病院でほんとうに可愛がってもらっていて、みなさん名残惜しんで
くださいました。
あまりにもみなさんが「ほんとうに癒されてたんですよ~」なんて
言ってくださるので
「じゃ、このまま病院の癒し猫ということで残しても…」と冗談で言ってみたりして。

1ヶ月の間、2度の手術に毎日のお世話、術後の抗生物質と目薬を処方され
2回のワクチン接種もすべて無料でやってくださいました。
(しかもワクチンは我が家に白血病ウィルスキャリアのレオンがいるからなのか
 4種を打ってくださっていました)
退院後も様子を連絡することになっていて、もうもういくら感謝しても
足りないぐらい大変お世話になりました。

キャリーの中で不安顔の子猫を車に乗せ、さぁ我が家に行こうね!

帰るとさっそくルークが来て、キャリーのニオイを嗅ぎ始めました。
CIMG4254.jpg



子猫、お兄ちゃんと初対面。かなり不安そうです。
CIMG4255.jpg
「ここどこ?いつものお姉さんは?このお兄ちゃん怖い~」


ケージに移すと状況が飲み込めないみたいで、見て分かるくらい身体が
震えていました。
最初だから仕方がないのですが、その様子が可愛そうで可愛そうで…
相変わらずルークは興味シンシンだし・・・
CIMG4260.jpg


すぐにチャットもやってきて…
CIMG4262.jpg


やっぱり子猫に興味シンシン。
CIMG4265.jpg

なんか、子羊を狙うオオカミみたい(笑)

タイクツしないようにおもちゃもセットしたのですが、遊ぶ余裕もないようで
寝ることもできず、ずっと緊張していました。

実はこの時点で防寒対策が完了していなくて、この後近くのスーパーに物資調達。
試行錯誤を重ね、よっやっと形になりました。

CIMG4268.jpg

ケージの3方を毛布で囲み、前は様子も見られるように、食事処が隠れるように
ハーフケットを掛けています。
奥の茶色のフリースは洗濯バサミで天井からヒモで吊るし、子猫が隠れて寝られる場所にしました。
(見えませんが中で寝てます)
寝場所の下にはミニサイズのホットカーペットを敷いて、その上にシートクッションを敷いて
熱がほんわか伝わるようにしています。

夕方、我が家で初めての排尿は子猫が暴れて病院での練習のときより
大分苦労しましたがなんとかクリア。
刺激でウ○チも出ました。
(その後少しだけオモチャで遊んだ時に出切って無かった分が出て、ケージのシーツ
 総取っかえ)

食事は抗生物質を混ぜたウェット少量を完食したものの、ドライフードは手付かず。
水も飲んでいない様子でした。
その後はようやくウトウトし始めたものの、人が動いたり音がすると目を開けてしまいます。

今日は仕事が休めず、いきなりのお留守番となりました。
朝オシッコは出たものの、食事は薬入りウエットも口にせず。
私が指につけて少し舐めさせるがやっとでした。

朝から心配で心配で…
たすきぃが帰ってくる時間に様子確認の電話をいれようと思います。
ちゃんと元気でありますように。


***おわび***
 しばらく子猫のお世話とブログ更新を優先させていただきたく、みなさんのところへは
  ポチ逃げさせていただくことになるかもしれません。
  申し訳ありませんが、ご了承いただきたく、よろしくお願いいたします。



<おまけ>

「天使の寝顔
CIMG4275.jpg
夜になってようやく見せてくれました

おっとっと、言い忘れた! 
名前、決まりました。 「ミウ」 です。


ミウの初めてのお留守番にご褒美のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




難しい~!
2011年11月22日 (火) | 編集 |
いつも応援ありがとうございます!

今、今までお付き合いのなかった、同じ障害の猫ちゃんを持つ
方々からたくさんの体験談や励ましの言葉をいただいています。
初めての障害猫のお世話に「不安です~!」とブログで叫んだ
情けない私に同情してくださり、みなさん口をそろえて
「何かあったらいつでも相談して」とメールのアドレスや
連絡先を教えてくださいました。

一人になると、途端に不安になる私の背中を押してくれるのは
いつも見守り「応援してるよ」の温かい言葉かけてくださる
みなさんです。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。

CIMG4229.jpg

昔ながらの子育てのような、「地域の大人みんなで子育てをする」みたいな
猫好きなみなさんに子猫ばかりか私まで育てていただいている気がします。
まだまだ半人前(四分の一人前くらいか?)の私ですが
引き続き応援いただければと思っています。


さて、先週末初めて圧迫排尿の練習をしました。
練習に備えてオシッコを溜めておいてくれたので、お腹を圧すだけで
排尿させることはできました。

CIMG4232.jpg

が、オシッコが溜まった膀胱の感覚とか、お腹にあるウンチの確認が
まったく分からず、練習を重ねないといけないことを痛感しました。
今週は毎日通うつもりです。
(たすきぃ、にゃんず、夕飯が遅くなるけど許せ~~~!)
診察台の上にペットシーツを敷き、前足で立たせ、下腹を挟むようにして
かなりの力で逆流しないよう尿道口に向かって絞ります。
子猫はジッとしていないので、まごついていたら
オシッコまみれにしてしまいそうです。
入院中の間にある程度は出来るようにしないと…気負いすぎないよう
頑張りますp(*^-^*)q

CIMG4236.jpg


そして日曜日は子猫を迎えるため、大々的な部屋の模様替えをしました。
その様子はまた後程・・・

今日も練習いってきま~す!



<おまけ>

元凶?
CIMG4237.jpg

部屋の模様替え、こやつの「ヤッホーーィ!」のおかげで大幅に時間がかかりました。
忙しくても我が家の猫の手は期待できません(涙)



ママさん練習頑張ってま~す!応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!

人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




いよいよ現実へ
2011年11月15日 (火) | 編集 |
いつもたくさんの応援ありがとうございます。
子猫、日に日に子猫らしい動きをするようになりました。


金曜日の面会で、先生から経過の説明がありました。
右前肢の骨折の手術から2週間、当初の予定では固定ボルトをはずせる
予定でしたが、まだ骨が完全につかず、先送りになりました。
あと1~2週間はかかるとのことで、ボルトがはずせたら
退院ということになりました。

我が家に迎えるにあたり、まずは排泄介助の仕方をマスターしないと
ならないので、退院1週間前から病院に練習しにいくことになりました。
家でのお世話面で、私はオムツを使うつもりでいて、先生に
オムツ使用の是非を伺いましたが、先生は難色を示されました。

CIMG4216.jpg

理由はオシリまわりに毛がある猫がオムツをつけるとかぶれるから、
とのことでした。
かといって、そのままで自由にさせれば部屋中オシッコまみれ
なり、人の負担が大きくなるので基本ケージで過ごさせることが
この子にとっても人間にとってもいい状況だとの見解でした。

私が仕事で不在のときや、就寝時はケージにいてもらうつもりなので、
1日の大半をケージで過ごすことにはなるのですが、1日の中での
少しの時間でもケージから開放してあげる時間をもちたいと
思っているので、オムツは必須です。

病院でおっしゃることも分かるのですが、
同じ障害を持つ猫さんでもオムツをして、自由に生活している子も
いるので、実際お世話されている方々にお話を聞いて、できそうなことを
取り入れ、お世話していく中で自分流を見つけていこうと思っています。
いろいろ試行錯誤はあると思いますが。

CIMG4211.jpg

それとオムツを常用することになればコスト面も重要です。
ペット用のオムツはコストが割高なので、衛生面から交換回数を
多くするとかなりの負担になります。
子供用の紙オムツやナプキンを代用されてる事例もあるので
ゆくゆくは取り入れたいと思っているのですが。
オムツ事情も要調査です。

それから子猫を迎えいれるのに、大々的な模様替えが必要です。
これは私一人ではムリなので、休みを使ってダンナと一緒に
やる予定です。
これから寒くなるので防寒対策も必要です。

退院の目安が分かって、子猫のお世話が現実となってきました。
お世話面ではまず回数をこなさないと慣れないので、ただ頑張る
のみですが、休日だけで子猫を迎え入れる準備ができるかどうかが
目下の心配事。

CIMG4213.jpg

それと排泄介助に慣れるまでの時間の確保が最大の難関です。

私は朝が本当に起きられず、平日は毎朝時間に追われ、いつも
ギリギリの時間で朝を過ごしています。
「今日寝坊して時間ないからオシッコ我慢してね」なんて
できませんし。
「慣れれば朝猫トイレを掃除する時間と変わりなくできるようになる」と
心強いコメントもいただきましたので、とにかく早く慣れるように
頑張らねば。

私の心配をよそに、当の子猫はいたって元気。

CIMG4214.jpg

この日は食後だったのか、まったりした様子で撫でると気持ちよさそうに
していました。
看護師さんが代わる代わる来て、
「お腹出して甘えてます?」とか「ご飯を手から食べてくれて、とっても
可愛いんですよ~いつも癒されてます」などと言ってくださり
すごいアイドル扱いのようです(笑)
このまま、病院のアイドル猫としてい続けてもいいんじゃないの?なんて
ちょっと思っちゃいました(笑)

ここまで病院ライフに慣れてしまうと、別の問題が・・なんてチラッと
思っていたら、月曜の面会で疑惑がさらに大きくなりました。

「私のこと、警戒してる?」

いつものようにケージの扉を開けてもらい、撫でようと手を伸ばしたら
後ずさりされてしまいました。
頭を撫でても振り払われてしまって…
指を動かしてじゃらすとかわいい猫パンチに痛くない噛み付き。
これは遊びなのか警戒なのか…
保護したときの子猫の噛みつきに比べれば全然なので、これは
遊びの一環だと信じたい。

その後は今子猫のマイブームのおもちゃに夢中になってしまったので
一抹の寂しさを感じながら帰ってきたのでした(笑)



おもちゃで遊べるくらい回復したのはとってもうれしいですよ。
でも、もう少し私に甘えてくれても、来てくれてうれしいって
示してくれても…すいません、贅沢な願望でした(笑)

子猫がくれば、しばらくは時間的余裕をもてなくなります。
あと2週間、準備を進めつつ、わずかなノンビリ時間を
過ごしたいと思っています。


~余談~
子猫受け入れについて、ダンナといろいろ話をしていて、
「あーたにもゆくゆくは排泄介助マスターしてもらわないと、
 私がいないときはあーたにやってもらわないとだからね!」
と言ったら、ダンナ、絶句のあと
「まあ、しょうがないよね」と了承してくれました。
たすきぃの爪切りも怖くてできない人が、了承したことにも
驚きですが、それをほとんど命令口調で言う私って・・・
どんだけ面の皮が厚いんだか!(笑)



今日も子猫に応援のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!
     
人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  





元気です!
2011年11月08日 (火) | 編集 |
みなさん、私の泣き言に叱咤激励の言葉をありがとうございました。
ブログをやってて良かった・・・もしブログをやっていなければ
一人で悩み、泣き、気持ちがいつまでも行き詰っていたことと
思います。

みなさんのおかげで前向きな気持ちを持とうと思うことが
できました。
ほんとうにありがとうございます。

そして子猫の元気な姿も私を前に向かせる大きな力と
なっています。

昨日は入院以来始めてケージを出ての面会でした。
子猫がいるケージは本来重篤動物を格納する酸素室で
コインロッカーの扉がガラス張りなってるような作りです。
痛みから解放され、元気が戻ってきた今は
そのスペースでは当然満足できず、今では扉を開けると
飛び出してくる勢いなんだとか。
診察台の上という、決して広くないスペースですが
子猫にとっては少し気分転換できたんじゃないかと思います。

今日は動画で子猫の様子をお届けします。*音量注意*
(私と看護師さんのやりとりの声が入っていますがスルーしてくださいね)



保護時に比べて顔が随分丸くなってきました。
保護前もゴハンを食べられていたとはいえ、十分じゃなかったのかも
しれません。
行動の制限を除けば、子猫の今の状態が満ち足りていることを
物語っています。

初めての場所で、たまに来るおばさんにカメラをずっと向けられて
緊張して最初は固まっていましたがやはり子猫、好奇心が勝って
冒険し始めました。



昨日は右前足を手術して8日目。少し抜糸したんだそうです。
痛みは治まっているとは思いますが、違和感があるのか
主にダメージのない左前足を使って移動するとのこと。
先週はこの姿を初めて見てショックが大きかったのですが、
昨日は一生懸命動く子猫を見て、応援する気持ちのほうが
大きかったです。

それから子猫、このとき初めて声を発したんです。
保護してずっと、鳴きはするものの声が出なくて心配していましたが
必死さも手伝って声を出すことが出来たのでしょう。
多分動画からは聞き取れないと思いますが、子猫らしい可愛い声でした。

まだまだ不自由さが目立つ動きですが、これからどんどん自然な動きに
なっていくでしょうね。
健常な猫の動きに比べれば不自然な動きかもしれませんが
一緒に生活するようになれば、これがこの子のスタイルと自然に
受け入れられると思います。


ほんとはもっと子猫と一緒にいたいのですが、スタッフの方の
仕事時間を割いてしまうことになるので、1回10分くらいで
終わらせるようにしています。
病院の都合を考えると、「いつでも面会どうぞ」と言ってもらっていますが
1日おきが限度かな。
今は病院に全てお任せしているので、うちの子という意識はあまりないのですが
このぐらいの距離感がこの子への接し方は一番いいような気がしています。

今後の展開は子猫の右足が完治してからになると思います。
引き続き応援いただけたらと思っています。



子猫の元気な姿に祝福のポチッ、ポチッとよろしくお願いいたします!
     
人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。